土地・空き家・農地・山林などの不動産活用情報サイト

不動産売るコム

外壁塗装・屋根塗装

外壁塗装の必要性とは?知っておかないといけない相場と種類!

投稿日:

外壁塗装の必要性とは?知っておかないといけない相場と種類!

「外壁塗装はいらない。何のためにするの。」

と思っている人が非常に多いです。

今現在、雨漏りもしていないし外壁に傷もない。

だから雨漏りしてから、あるいは壁に傷が入ってからと考える人も多いです。

実は、家が雨漏りし始めますと屋根から部屋の天井まで水浸しになっているということなのです。

外壁にとっては、末期の状態です。

ここまできますと壁だけでなく、天井裏まで修理しないといけなくなります。

今回は、外壁塗装の必要性と相場と種類について説明していきます。

外壁塗装の必要性

外壁塗装をする必要性を理解している人は非常に少ないです。

雨漏りもしていないし、傷もついてないから必要でないと考える人が多いです。

しかし、目に見えなくても少しずつ少しずつ外壁は劣化してます。なるべく家を建てて5年から7年の間に外壁塗装をするべきなのです。

新築の家の外壁を塗っている塗料で約5年から7年持ちます。

その間に外壁塗装をした場合、塗料が約10年ほど持ちます。

日本の家の寿命が約30年といわれていますので、家の寿命が尽きるまで3回から4回新しく塗らないといけません。

では、外壁塗装の目的は何でしょうか。

外壁塗装の目的

外壁塗装の目的は、建物の美観を守ることと外壁の保護になっています。

建物はいつまでもきれいな方がいいですよね。さらに塗装することで外壁を保護する働きもあります。

外壁を塗装することで雨、雪、湿気などの水分と紫外線、太陽熱、ヒビ、ゆがみ、さび、シミ、カビ、コケから外壁を守ることができます。

外壁塗装をしていても永遠ではなく、目に見えないところで少しずつ少しずつ劣化していきます。

だから約10年おきぐらいに塗りなおさないといけません。

外壁塗装のタイミング

それでは、いつどのタイミングで外壁塗装をやり直せばいいのでしょうか。

約10年といいますが、実際は劣化のスピードによって違います。また、前回塗装に使った塗料によっても変わってきます。

しかし、外壁には劣化の順番があります。ここまでくれば、外壁塗装をやり直しをしたほうがいいという基準があります。

外壁の劣化の順番

1.外壁に艶がなくなってくる

最初は、艶があってきらきらしているのですが、少しずつなくなってきます。

2.外壁の色の鮮やかさがなくなってくる

外壁の色がくすんだ感じになってきます。

3.外壁を触ると白い粉がつく

前回塗った塗料が劣化してきていて防水性がなくなっている状態です。

4.壁に藻、コケができてくる

防水性がなくなっている状態ですので、壁に水分が入ってきて壁が水分を常に含んでいる状態になっています。

そのことで、すごい勢いで藻とコケができてきます。

5.ひび割れの発生

窓枠の周りからひび割れがあらわれてきます。

特に窓の4隅と外壁の角の方のひび割れが、ひどくなります。

6.外壁を覆っている塗料の膜がはがれてきます

この時点で、防水性と壁の保護の力がなくなったと考えます。

どの時点で外壁塗装すべき?

では、どの時点で外壁塗装のリフォームをするべきなのでしょうか。

答えは3番目か4番目の時点で外壁塗装のやり直しをしたほうがいいとされています。

5番では、外壁の塗りなおしだけでなくひび割れした部分の補修をしないといけなくなります。

6番では塗りなおしだけでなく、かなりの部分の補修工事をしないといけない状態です。

外壁塗装をしないと結局は、色々なところを工事しないといけなくなりますので必ず3番目か4番目の状態の時に外壁塗装のやり直しをしましょう。

外壁塗装を怠るとかかる費用

外壁塗装をしないで外壁が劣化して取り返しのつかない状態になるといったいいくらかかるのでしょう。

雨漏りがしていて修理する場合、約100万から200万かかります。

雨漏りがなく、屋根が劣化してしまい雨漏りの直前に屋根の葺き替え工事をした場合は約30万円から150万円かかります。

おそらく修理代金は、外壁塗装の料金よりも高いでしょう。何年かに1回あるいは、何十年に1回の外壁塗装をした方がよっぽど安くつくことがわかります。

では、外壁塗装の相場と種類はどのような物があるのでしょうか。

外壁塗装の相場と種類

外壁塗装には色々な種類があり、大きくわけますと全部で6種類あります。

使う塗料が異なると耐久年数にも違いが出てきます。

まず、お手ごろな料金から紹介します。

1.アクリル系塗料 約69万円

とにかく安く済ませたい、まめに塗り替えたい方におすすめの塗料です。

約4年が耐久年数となっています。

2.ウレタン系塗料 約73万円

あまりお金を使わずに塗装をしたい、気になる外壁がある方におすすめです。密着性に優れている特徴があります。
約7年が耐久年数になっています。

3.シリコン系塗料 約78万円

安いすぎる塗料はイヤで高すぎる塗料もイヤ、費用対効果を考えている方におすすめです。

現在最も多く使われている塗料になっています。

耐久年数は、約13年です。

4.フッ素系塗料 約91万円

屋根が急勾配、大きな家に住んでいる、長期間で安心して外壁を守りたい方におすすめです。

耐久年数は、約18年ほどです。1年の料金に換算しますと安いといえます。

5.遮熱塗料 約100万円

環境にやさしい塗料を使いたい、光熱費を安くしたい方におすすめです。

太陽からの熱をはじき、外壁や屋根の温度を下げる効果があります。

外壁と屋根の温度が下がりますと部屋の温度も下がります。省エネにつながる塗料になります。

耐久年数は、約18年です。

6.光触媒塗料 約110万円

環境問題を真剣に考えている、次世代の塗料を使ってみたい方におすすめです。

さらに施工できる業者が少ない塗料になります。

太陽の光で汚れを浮かせて雨で洗い流す作用がついています。

さらに汚れがつきにくく、遮熱効果もあり、空気を浄化する機能もある1番素晴らしい塗料になります。

耐久年数は、1番長く約20年となっています。

 

これだけ塗料の種類があるとどれがいいのか悩んでしまうと思います。

それぞれの特徴と値段を考慮して決めるといいと思います。

どれがいいかわからない方やまよっている方は、最も多く使われているシリコン系塗料を選ぶといいと考えられます。

多くの人が使っている塗料になっていますので信頼性も高くなっています。

この外壁塗装の相場と種類をみて分かるのは、料金が高いほど耐久年数が長いという事です。

安く料金を抑えたい方は、こまめに塗り替えをしないといけませんし。高い料金でいいのであれば、それだけ耐久年数はながくなります。

まとめ

いかがでしょうか。

  1. 外壁塗装は家の美観を守るためと外壁の保護のため
  2. 外壁塗装のタイミングは、「外壁を触ると白い粉がつく」ときと「壁に藻、やコケが発生」したとき
  3. 外壁塗装をせずに修理すると修理代金は高い
  4. 外壁塗装の塗料は、料金が高いほど耐久年数が長く、安いほうが短い
  5. おすすめは1番多く使われているシリコン系塗料

外壁塗装は、自分の家と長い間付き合っていくのに必要なものです。

外壁塗装がなければ、家の美観は保たれず、壁や屋根に水がしみこんできて雨漏りを発生させます。

非常に困りますよね。

こうなると外壁の最終状態になります。

外壁や屋根を修理して高いお金がかかってしまいます。

高いお金を払う前に外壁塗装で家を守ると高いお金はかかりません。

ぜひ家の外壁をチェックしていただいて、外壁の塗り替えの時期になっていれば、早急に外壁塗装をおこないましょう。

外壁をチェックすることが家を守ることになります。

しっかりとチェックして自分の家を守っていきましょう。

-外壁塗装・屋根塗装

Copyright© 不動産売るコム , 2017 AllRights Reserved.