外壁塗装・屋根塗装

屋根塗装の見積もりのとり方のコツとは?失敗しない業者の選び方は?

更新日:

屋根塗装の見積もりのとり方のコツとは?失敗しない業者の選び方は?

屋根塗装は、家を建てて10年くらい経つと検討される方が多くなります。

初めての屋根塗装なら、どんな業者に頼めばよいのかも判りませんが、とりあえず見積りをもらうにはどうすればよいのでしょうか?

見積りの取り方で業者を選ぶ事もできますし、安くて良い屋根塗装ができます。

そんな、屋根塗装の見積りの取り方や業者の選び方のコツをご紹介しましょう。

屋根は何年経ったら塗装した方が良いのか?

家の屋根は何年で塗装した方が良いのか知らない人もいるのではないでしょうか?

屋根の材質にもよりますが、屋根塗装の耐用年数やどのような業者に見積りをもらった方が良いのか詳しくご紹介します。

屋根塗装の耐用年数について

屋根塗装には次の様な種類があり耐用年数が異なりますので確認しておきましょう。

  • アクリル塗装
  • ウレタン塗装
  • シリコン塗装
  • 光触媒塗装
  • フッ素系塗装
  • 遮熱・断熱塗装

アクリル塗装は、比較的安価に購入できますが、耐用年数が5年から7年と短く、何度も塗り替えなくてはなりません。

ウレタン塗装は6年から8年の耐用年数ですが、シリコン塗装の機能性が高い為、そちらに移行しています。

シリコン塗装は、耐用年数も10年から13年と長く、一般的に使われる塗料です。

光触媒とフッ素系塗装は、太陽光によってキレイさをキープしたり、親水性が高くメンテナンスがしやすかったり注目されていて、耐用年数も15年から20年と長いですが、費用も高くなります。

遮熱・断熱塗装も費用は高めですが、耐用年数が15年から20年と長く、遮熱や断熱などの機能性が優れていて人気です。

台風などで被害があったら早めに

屋根塗装は、塗料の耐用年数で寿命が違ってきますが、台風などの風水害が起こった場合、早めに対応した方が良い事も多いです。

例えば、台風などで屋根瓦が割れたり飛んだりした場合、耐用年数があと1年から2年くらいなら、修理と一緒に屋根塗装をしても良いでしょう。

どのみち屋根修理をするのですから塗装も一緒にした方が安くなります。

タイミングを見計らって修理と塗装を合わせるのも良いのです。

屋根塗装の見積りを上手に取る方法

屋根塗装を行いたいなら、まずは、業者から見積りを取るのが基本となります。

業者から上手に見積りをとれば、安くなることも多いのでご紹介しましょう。

どこから見積もりを取ればいいのか?

次のような業者が屋根塗装を行っています。

  • 住宅メーカー
  • リフォーム会社
  • 塗装専門店
  • 家電量販店

屋根塗装を依頼するのは、家を建ててくれた住宅メーカーという方も多いのではないでしょうか?

住宅メーカーでも大手の場合、屋根塗装を専門に行う部署があるのでそちらが担当します。

大手ではない住宅メーカーなら、違う業者に下請依頼して直接頼むより高くなることも多いので気を付けましょう。

家のリフォーム専門会社で屋根塗装を行っている所も多いです。

近くで信頼できるリフォーム会社なら見積りをもらってみるのも良いでしょう。

屋根や壁などの塗装を行う塗装専門店でも屋根塗装を行っています。

直接、依頼すると安くなる業者がありますので、おすすめです。

家電量販店の中には、屋根塗装やリフォームなどを行っている業者があります。

チラシなどに掲載されていることも多いので見積りをもらって比較してみましょう。

見積り依頼は電話かメールで

見積りをもらう業者を決めたら、まずは、電話かメールで連絡をしてみましょう。

電話やメールだけでは見積り金額が出る事はほとんどありません。

屋根塗装をする屋根の状況を見て見積り金額を決めるのです。

その為、家にいて対応しなければならない事もあるでしょう。

家の大きさや坪数、車を停める駐車場があるかどうか、確認される事も多いので、家の設計図などを準備しておくとすぐに対応できます。

築年数や修理履歴、以前いつぐらいに屋根塗装をしたか判るものがあれば、そちらも用意しておきましょう。

複数業者の見積りを比較して絞り込む

まずは、見積りを取ったら中身を比較しましょう。

屋根修理一式と書いている業者は、どんな塗料を使うのか?工事費はいくらなのか?きちんと確認してから比較してください。

見積りの中身を比較して2社まで絞り込んだら、相手に値下げ交渉をしてみましょう。

最初の見積り金額で契約する必要はありません。

高めに見積りを設定している業者が多いので、交渉次第でかなり安くなることもあります。

他社の見積り金額をちょっと教えて値段を下げさせる方法も使ってみましょう。

屋根塗装の見積りを取る時の注意点

屋根塗装の見積りを取る時は、良い業者を見つけられれば問題ないですが、そうでない場合も考えられるので注意しましょう。

こちらでは、見積りを取る時の注意点を掲載しますので確認してください。

屋根塗装の内容を曖昧にする

屋根塗装の見積りで多くみられるのが「屋根塗装一式」と記入しているものです。

確かに工事をまとめていくらと書いてあれば良いと思う人もいるでしょう。

しかし、どんな塗料を使って人件費がどれくらい、どんな工事を行うのか全く分かりません。

他の業者と比較するのも金額だけになるので、内容を確認した方が良いです。

屋根塗装の相場より明らかに高い

屋根塗装の業者には、明らかに見積り金額を相場より高めに出している所があります。

特に、飛び込みの業者で遠方から営業に来て見積りを出すような場合、近隣の業者より高い場合が多いです。

できれば、屋根塗装を行う場合、会社の場所も知っていて口コミで評判が良い業者を選んだ方が良いです。

最初の見積りは安くて請求してきた金額がすごく高い業者もいますので、何より信頼できる業者なのかどうかが業者を選ぶポイントになります。

外壁リフォームも強引に勧める

屋根塗装業者の中には、屋根塗装と一緒に家の外壁塗装を強引に勧める所があります。

確かに、屋根塗装をする際に家の外壁を一緒にした方が安上がりになることも多いのですが、強引に押し付けるような営業をする業者は良くありません。

何度もしつこく外壁塗装も勧めるような業者は売上欲しさに後から金額が高くなることも多いので注意してください。

まずは、屋根塗装だけをしたいという事をはっきり伝え、外壁塗装を勧められたら、一緒にすることでどれくらい安くなるのか確認します。

強引な会社は高く見積もっている可能性が高いので、他社と必ず比較してください。

屋根塗装業者選びを失敗しないコツ

屋根塗装が成功するかどうかは、業者の選び方次第です。

失敗しない為にはどのようなコツがあるのかご紹介します。

近所の人にどこでしたか聞いてみる

ご自宅の近くで屋根塗装をされた家があるようならば、どこの業者でしたのか聞いてみるのも良いでしょう。

評判も判りますし、どれ位の金額なのかもわかります。

近所の屋根塗装業者なら詳しく内容も聞くことができるので、全く屋根塗装業者の情報が判らないより安心です。

良い業者なら紹介してもらう事で安くしてもらう事もあります。

ご近所づきあいにもなりますので、隣家に聞いてみるのはおすすめです。

業者のホームページや口コミを確認する

良いと思う屋根塗装業者があるなら、いきなり見積りを取るのではなくホームページを見てみましょう。

創業年数や従業員、売り上げなどをホームページに記載している業者も多いので、どんな会社なのか結構わかります。

その会社の名前と口コミで検索すれば、利用した人の口コミも見ることができ、屋根塗装を頼むかどうか参考になるはずです。

悪い口コミが多いようなら止めた方が無難な事も多いでしょう。

まとめ

屋根塗装は、塗料の種類にもよりますが、50万円から100万円位が相場です。

決して安い金額ではありませんし、長ければその後20年は屋根塗装をしなくて済みます。

安く済ませようとすると耐用年数が短く、何度も塗り直す事になりますので、業者とよく相談して一番効率の良い屋根塗装をするようにしましょう。

業者は、見積りを取る段階で信頼できる会社と担当者であるかがポイントになります。

見積りで判らない部分を詳しく教えてくれるような業者が安心して任せられる業者ですので、失敗しない為には何でも聞いてみると良いでしょう。

-外壁塗装・屋根塗装

Copyright© 不動産売るコム , 2017 All Rights Reserved.