外壁塗装・屋根塗装

屋根塗装の必要性とやるべき時期とは?費用の相場はどのくらい?

投稿日:

屋根塗装の必要性とやるべき時期とは?費用の相場はどのくらい?

屋根塗装を検討されている方は、いつぐらいにすればいいのか判らない事もあるでしょう。

だいたい、屋根塗装自体、必要性をあまり感じていない人もいらっしゃいます。

しかし、屋根塗装を行うのと行わないのとでは、その後、家のトラブルが起きるかどうかのポイントになることもあるでしょう。

こちらでは、屋根塗装の時期や相場、業者をどうやって決めるかのポイントについてご紹介します。

屋根塗装を行う時期について

近所で家の屋根塗装を行っていると、うちはいつだろうか?と心配になる人もいます。

個人宅の屋根塗装は、一般的にどれくらいの時期に行っているのでしょうか?

このページでは、どれくらいに屋根塗装をするのか?屋根塗装をする前に確認しておくことをご紹介します。

新築してからどれ位で屋根塗装をする?

屋根塗装を行いたいという方は、家を建てられてから何年も経ってらっしゃる方が多いです。

一般的に家を新築してから、初めて屋根塗装を行う時期はおおよそ10年と言われています。

使っている塗料によっては、もうちょっと持つのですが、家を建てて10年したら、どのような状況なのか屋根の検査をしてみるのも良いでしょう。

状況によってはそのまま屋根塗装ということになります。

中古の家を購入した場合も、だいたい新築後10年を目安にしましょう。

築8年の家を購入して住んでいるならば、住み始めて2年後には一度、屋根の状況を調べた方が良いです。

きちんと調べる事で屋根の状況も判ります。

家のメンテナンス時期を確認

家は、建ててからメンテナンスを全く行わないと、どんどん傷みが発生し、思っていたより早くトラブルが起こってしまう事もあります。

できれば、家のメンテナンス時期を決めて置き、何かトラブルがなくても点検を行うようにしましょう。

家を新築して住んでいる場合、10年ごとに点検を行うようにしてください。

屋根塗装も築10年で状態を見て行うかどうか決めた方が良いです。

塗料が良い物は、15年から20年塗装が持つ場合もありますが、塗装以外のトラブルが発生する事もあるので、点検は10年に1度しておいたほうが無難と言えます。

屋根塗装はいくらくらいかかる?

屋根塗装を実際行う際、一番気になるのは費用ではないでしょうか?

どれ位の費用で屋根塗装を行えるのか?どうやったらお得な費用になるのか?ポイントもご紹介します。

屋根塗装の相場

屋根塗装は、家のメンテナンスの中でも必ず行った方が良い作業ですが、相場はいくらくらいか知らない人も多いです。

屋根塗装の場合、塗料によってかなり費用が異なりますが、相場で一番多いのが50万円前後で、30万円から80万円程の範囲で塗装を行います。

塗料が良ければもちろん費用はあがりますが、業者によって施工日数が異なり、日数が短い方が安くなるのです。

つまり、屋根塗装に関しては、できるだけ専門業者に頼んだ方がキレイに安く行ってもらえます。

飛び込み業者は高くなる

古い住宅街を中心に屋根塗装の飛び込み営業を行う業者がいます。

ちょうど、屋根塗装を考えていた人は、営業トークに乗せられて頼んでしまう事もあるでしょう。

全ての飛び込み業者が悪いという訳ではありませんが、一般的な相場より高い金額の見積りを出す事が多いです。

できれば、飛び込み営業の業者が屋根塗装をしたいと言ってきた場合、見積りだけもらって、地元の業者と比較してみてください。

信頼できる相手かどうかは、営業だけでは判りませんので、ある程度、業者の内容もホームページで確認しておくと良いでしょう。

見積りの取り方で値段が変わる

屋根塗装の値段は、見積もりを取る方法で変わってくるというのをご存知でしょうか?

普通に、屋根塗装を行ってくれる業者に連絡し、見積もりを取る方法でも良いのですが、1社だけにお願いすると、値段が下がることはまずありません。

例えば、知り合いに屋根塗装をお願いする場合、失礼になるので、そこ以外の業者から見積りを取る事はないでしょう。

こうなってしまうと、知り合いの業者の言い値になってしまうのです。

できれば、複数業者から見積りを取り、どちらも値切って、相手が渋る場合、他の業者の安い金額を言ってみましょう。

屋根塗装業者は、自分の会社で請け負いたいので必ず安くしてくれます。

1軒の業者にお願いするより、数万円以上安くなることもあるのです。

屋根塗装は高めがお得

何でも安いと得した気分になりますが、屋根塗装の場合は、安ければ良いという訳ではありません。

屋根塗装は、塗料によって耐久性が全く違い、安ければ安い程寿命が短くなります。

その為、よほどあと数年で取り壊すなどない限り、ある程度グレードの高い屋根塗料を使用した方が良いのです。

屋根塗装の業者は、その辺りを知っているので、良い物を勧めてくることも多いでしょう。

一番グレードの低いアクリル塗装とフッ素系塗装では、金額的に倍くらい値段が違います。

しかし、アクリル塗装の耐久性が5年くらいなのに対し、フッ素系塗装が20年だった場合どうでしょうか?

値段は倍でも、3倍以上長持ちするならフッ素系塗装を選ぶ人も多いでしょう。

屋根塗装に限っては、ある程度高い金額を出しても、塗料が良ければお得な事が多いのです。

屋根塗装の必要性

家のメンテナンスで重要な屋根塗装ですが、なぜ必要なのでしょうか?

屋根塗装を行う事によるメリットをご紹介します。

屋根塗装で家が長持ちする

屋根塗装を行う事で一番のメリットと言えば、家が長持ちする事でしょう。

屋根は、家を守る要であり、屋根に不具合があれば、すぐに家が傷んでしまうからです。

特に屋根瓦は重要で、ちゃんとした屋根瓦ならば、50年程の耐久性があると言われます。

この耐久性を維持させるために屋根塗装は必要です。

光触媒や遮音・遮熱塗装の場合、1回の屋根塗装で20年程塗り替え不要になります。

家を長持ちさせるためにも、屋根塗装をきちんと行いましょう。

家のトラブルが減る

家の屋根は、屋根塗装をすることで自然災害などの時のトラブルも減るのです。

台風が来ると、屋根瓦が飛んだり、割れたり、落ちたりすることがありますが、きっちり屋根塗装をしている屋根瓦なら、このようなトラブルを防ぐこともあるでしょう。

雨漏りやシロアリ、その他のトラブルにも屋根塗装をすることで強くなるのです。

家の様々なトラブルを減らす基本が屋根塗装ですので、定期的に点検し実施するようにしてください。

屋根塗装のポイントとは?

屋根塗装をする際のポイントにはどのようなものがあるのでしょうか?

こちらでは、屋根塗装を成功させるためのノウハウをご紹介しましょう。

良い塗料で安くしてもらう

屋根塗装は、他のメンテナンスと違って良い塗料を使っているかどうかがポイントになります。

いくら安くても塗料が悪ければ、何度でも屋根塗装をしなければならなくなるので、結果的にはたかくなってしまいます。

そうならない為にも良い塗料を使って安く塗装をしてもらえるかどうかがポイントです。

まずは、屋根塗装業者から見積りを取る際に、どんな塗料を使って工賃はどれくらいか?という所を確認する事が重要です。

全体の金額ではなく中身と値段を比較するのが屋根塗装を成功できるかどうかのポイントになります。

良い塗料を使ってなおかつ安い業者が良い業者ですので、そういう所におねがいするようにしましょう。

まとめ

屋根塗装では、使っている塗料で行わなければならない時期も変わってきます。

良い物なら長く塗装をしなくて良いので、手間もかからず費用も抑えられお得です。

評判が良い屋根塗装業者は、その辺りを理解している為、きちんと説明してくれます。

相場より若干高い物を勧める業者でも、口コミなどが良い業者なら選んでも良いでしょう。

ただし、強引に契約したがる業者には悪い業者もいるので、必ず複数業者の見積りを比べ、判らない所は質問するようにしてください。

屋根塗装は家に住み続けるいじょう必ず必要です。

相場や塗料の費用などを頭に入れて交渉するとお得にできる事もあるでしょう。

-外壁塗装・屋根塗装

Copyright© 不動産売るコム , 2017 All Rights Reserved.