土地・空き家・農地・山林などの不動産活用情報サイト

不動産売るコム

空き家活用

転勤するときの家はどうする?賃貸と売却ならどっちがメリットがある?

投稿日:

転勤するときの家はどうする?賃貸と売却ならどっちがメリットがある?

転勤が決まった時、家があるならどのような対応をした方が良いのでしょうか?

人に貸す賃貸もありますが、家を売却してしまう方法もあります。

どちらにもメリットとデメリットがありますので、よく比較して決めるのがポイントです。

こちらでは、賃貸と売却のメリットとデメリットだけではなく、比較して参考になる情報や転勤が決まってからの流れについてご紹介しておりますので参考にしてください。

転勤が決まったら行うこと

持ち家があるのに転勤になってしまう人は、日本中にたくさんいます。

家族で引っ越す事が決まったら、まずはどうすればよいのでしょうか?

すぐに行動しないと引越し前に慌てる事になるので、確認しておきましょう。

将来的に家をどうするか決める

まずは、将来的に今住んでいる家をどうするか?決める事が重要です。

例えば、両親から相続した家に住んでいて築年数が古く、戻って来るような可能性が無い場合は、売却を考えても良いでしょう。

賃貸で出しても希望の金額で借りてくれる人が見つからない事も多いです。

ローン返済等も無いような、売りに出すのも難しくありませんし、何よりまとまったお金が入ります。

築年数が新しく、まだローン返済が残っているような状況だと、ローンを完済しなければ売却することができません。

売却金額でローンが完済できるレベルなら良いですが、そうでない場合、賃貸で貸し出した方が良い事も多いです。

家を売却しようと思ってもかなり安い金額でしか売れませんし、何年も売れないという事があります。

また、賃貸なら家賃収入も入るので、ローン返済に充てる事もできるでしょう。

賃貸と売却どちらが良いのか比較する

転勤で家に住めないなら、賃貸と売却どちらにしようかと迷う場合、比較してみる事をおすすめします。

家の状況によって比較する内容が違ってきますので注意しましょう。

一番初めに、家を売るか売らないか?売らない場合賃貸にするか決めてください。

売却ができれば、まとまったお金も入ってきますが、売れない可能性もあります。

賃貸も同じく、借りてくれる人がいれば家賃収入がありますがいなければ家賃は入りません。

家のローンが残っているのかどうかもポイントになります。

基本的にローンを全額払わないと売却できませんので気を付けましょう。

家を売却した場合、固定資産税の支払は無くなりますが、賃貸で貸す場合は払い続ける事になります。

これらの事を比較して賃貸か売却か決めても良いでしょう。

不動産情報を集める

転勤で家を売却するにしても賃貸にするにしても、情報を集める必要があります。

手っ取り早いのは、ネットの不動産比較サイトです。

家の築年数や広さ、場所によってほんの数分で査定額が判ります。

査定額によって賃貸料金も判りますので、不動産査定を行っておくと良いでしょう。

売却した場合の金額と賃貸で貸したとき賃料がいくら入るか?税金の支払いなどを抜いた金額と比較すると目安になります。

不動産業者の意見を聞く

やはり、家をどうするか決める時は、専門家の意見を聞いておいた方が良いです。

賃貸にするか売却するか決める前に、不動産業者に相談してみましょう。

ネットの査定サイトでも不動産業者を探せますし、地元の不動産業者に相談してみるのも良いです。

不動産業者は、賃貸の方が良いのか売却した方が良いのかアドバイスしてくれます。

参考にしてどちらにするか決めると良いでしょう。

家の賃貸と売却メリットとデメリット

転勤で家を貸すにしても売るにしてもメリットとデメリットはちゃんと知っておいた方が良いです。

賃貸と売却のメリットとデメリットを見比べて、転勤後家をどのようにするか参考にされてください。

家の賃貸メリットとデメリット

家を賃貸にすると次のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 家賃収入が入る
  • 将来家に戻れる
  • 売却より手間がかからない

デメリット

  • 他人に家を貸す事になる
  • 固定資産は払い続けなければならない
  • 賃貸リスクがある
  • 管理費用が発生する

賃貸で物件を貸している場合、収入はありますが、借主とトラブルになることもあります。

特に転勤で離れた所に住んでいると地元の管理会社にお願いしておかないと対応できない事が発生する事もあるのです。

まだ、比較的築年数が新しい場合、借りたいという希望者も多いですが、築年数が古いと借り手が見つからないという事もあるでしょう。

家の売却メリットとデメリット

家を売却すると次のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

  • ローンを完済できる
  • まとまったお金が入る
  • 固定資産税を払わなくて良くなる
  • 家の管理が不必要になる

デメリット

  • 所得税を取られる可能性がある
  • 売れない場合もある
  • リフォームが必要な事もある

家を売却すると家に関する責任は負わなくてよくなり、固定資産税などを払わないで済みますが、売却金額が大きいと所得税を取られる可能性があります。

また、必ず売却できるとは限らないので、家が売れず転勤しローンと家賃を2重払いという事になる場合もあるのです。

転勤が決まってからの流れ

転勤が決まって賃貸にするか売却するか決めたら、それからどのような流れになるのでしょうか?

家を賃貸したり売却したりする場合の流れをご紹介します。

不動産の査定後に不動産業者と契約する

まずは、売りたい貸したい家の査定を行わなければ家の価値が判りません、大体の金額はネットの不動産査定で判りますが、きちんとした金額は不動産業者に現地で査定してもらいましょう。

この時の注意点としては、1つの業者に最初から絞らず、複数業者に査定してもらう事です。

業者によって数十万円から数百万円違う事がありますので、査定後もきっちり交渉する事が重要になります。

納得できる金額なら売却でも賃貸でも契約しましょう。

賃貸募集と売り出し募集

不動産業者と契約した後は、業者のホームページに掲載したり、広告チラシや冊子に不動産広告を載せたりして家を宣伝します。

転勤などの縛りがあるならば、選り好みせず購入希望や賃貸希望の人と前向きに交渉し、早めに決めた方が良いです。

募集にかかる費用などは売主に請求される事も多いので、費用をかけない為にも希望者に真摯な対応をしましょう。

契約前にすることと内覧

売却したい家、賃貸したい家が比較的古いならば、部分的にリフォームを契約前に行っておきましょう。

できれば、不動産業者に査定してもらう前が良いのですが、無理ならリフォーム予定であることを伝えておきます。

リフォーム後に査定をもう一度してもらうと売却価格が上がる可能性もでるのです。

キレイになってから購入希望者に内覧を行うと印象が良くなり、売却や賃貸に繋がりやすくなります。

ハウスクリーニングや大きな荷物の処分も内覧前に行うと良いでしょう。

できれば転勤前に引き渡す

売却や賃貸が決まったら、できるだけ転勤前に引き渡しておきましょう。

転勤してからだと、様々な手続きなどで何度も転勤先と往復しなければならなくなります。

交通費もかなりかかりますし、時間的に余裕が無いので転勤前がおすすめです。

不動産業者の方にも立ち会ってもらい、契約もきちんとできているか?トラブルにならないように確認してから転勤した方が安心します。

まとめ

家があるのに転勤が決まると、どうしようか悩む人も多いですが、家族で十分話し合って、一番良い方法を選ぶようにしましょう。

ローンなどの関係で売却ができず、賃貸を選ぶ人もいますが、いくらか貯蓄があれば売却できた時にローンを完済する方法等もあります。

不動産業者と話す事で、家の活用方法が見つかることもありますので、まずは相談してみるのも良い方法です。

何年位の転勤なのか?転勤先の場所によっても売却と賃貸を決める事ができます。

転勤先で家の心配をしなくて済むよう、一番良い方法を選んで準備しましょう。

-空き家活用

Copyright© 不動産売るコム , 2017 AllRights Reserved.