不動産売却

ハウスリースバックの口コミ&評判!メリット・デメリットを詳しく解説!

投稿日:

ハウスリースバック

今、家の売却などを考えている人で話題になっているのが、ハウスリースバックです。

ハウスリースバックとは、どのような仕組みになっているのでしょうか?

こちらでは、ハウスリースバックの内容やメリット・デメリット、口コミや評判についてご紹介いたします。

今すぐチェック≫≫ ハウスリースバックの詳細を見てみる

ハウスリースバックについて

住宅ローンの支払が苦しくなったら、ハウスリースバックを利用した方が良いと言われていますがなぜでしょうか?

こちらでは、ハウスリースバックがどういうものなのか?ハウスリースバックを利用した方が良い方や仕組みについてご紹介します。

ハウスリースバックとは?

誰でも家を購入する際は、住宅ローンなどを借りますが、様々な事情により大金が必要になったり、住宅ローンが払えなくなったりすることがあります。

そんな時にお役に立てるのがハウスリースバックだとお考えください。

なぜなら、ハウスリースバックを利用する事で、家を買取ってもらっても住み続けることができるからです。

通常、住宅ローンが払えなくなったり、家を売ってしまったりすると、家に住み続ける事はできません。

しかし、ハウスリースバックをすることで、家を買取ってもらい一括払いでお金が入るだけではなく、賃料を払えば、住み続ける事もできますし、後からもう一度購入する事もできます。

住宅ローンが払えず、破産宣告を受けたり、任意売却をしたりする人もいますが、ハウスリースバックならそのような心配もいりません。

どんなことがあっても家に住み続けたい人の救世主的存在が、ハウスリースバックです。

こんな人はハウスリースバックをご利用ください

次のような事でお困りならハウスリースバックを利用した方が良いですのでご確認ください。

  • 住宅ローンの返済が滞っている
  • どうしても一括で大金が必要
  • 家は売りたいけど住み続けたい
  • 破算や任意売却はしたくない
  • お金が溜まったら家を買い戻したい

住宅ローン返済が滞っている、または、無理して支払っているような人は、すぐにでもハウスリースバックをした方が良い場合があります。

どうしてかというと、返済を滞っていると住宅ローンを貸している銀行などから差し押さえられるからです。

最悪の場合、家を取り上げられる上に破産する事になるかもしれません。

このような事態にならないうちに、ハウスリースバックにより一括で資金を調達し、銀行の住宅ローンをとりあえず返すという方法がおすすめです。

ハウスリースバックなら、家を売ったとしても住み続けることができる為、近所の人に住宅ローンが返せず家を売ったとは気づかれません。

破算の場合は、氏名住所が掲載されるため、近所や親戚にも判ります。

ハウスリースバックで住宅ローンを返した後、また、買い戻す事もできるので、その間は賃料を支払う形になりますが、破産宣告や差し押さえに比べると売主の負担は少ないです。

ハウスリースバックの仕組み

ハウスリースバックの仕組みは次のようになっています。

  • 売主から連絡後査定して買い取り価格を連絡
  • 契約がまとまれば買取り金額を一括でお支払い
  • 家はそのままリースできる
  • 毎月家賃を払う事でずっと住み続けられる
  • 契約期間の定めも無く買取り強制もない
  • 後から家を買い戻す事も可能

ハウスリースバックはこのような仕組みになっていますので、仲介売却や他の買取りと比較してみてください。

今の家に住みながら家を買取ってくれる画期的な売却サービス

公式サイト ⇒ ハウスリースバックの詳細はコチラ

ハウスリースバックのメリット・デメリット

ハウスリースバックには、メリット・デメリットがあります。

こちらでは、ハウスリースバックのメリット・デメリットを判りやすく記載していますので参考にされてください。

ハウスリースバックのメリット

ハウスリースバックのメリットは、何といっても自分の家にずっと住み続けられるということです。

一般的な買取りや銀行により差押えだと住み続ける事はできません。

差押えの場合、裁判所から強制執行の手続きがとられれば、どんなに住み続けたくても無理なのです。

また、いったん売って買い戻せるのがハウスリースバックの強みでもあります。

更に、すぐにでも現金が必要な場合、ハウスリースバックなら最短20日程で買取り金額が入ります。

例えば、介護費用が必要とか、教育費でお金がかかる時にハウスリースバックを利用される人もいるのです。

一般的な仲介売却などで家を売ると、3ヶ月経っても売れない可能性があります。

ハウスリースバックなら、即現金化する事が可能です。

ハウスリースバックは、発想の転換によって家に住み続けたい人に多大なメリットがあるのです。

ハウスリースバックのデメリット

ハウスリースバックのデメリットには、住宅ローンの支払とリース料が2重で請求される可能性もあるので気を付けてください。

家を一旦買取ってもらう事になりますが、買取り金額が少なければ住宅ローンの返済ができない為、売却することができません。

また、売却金額が高い場合、リース金額が高くなる為、住宅ローンの返済よりリース金額が高くなるケースもあります。

家にずっと住み続けられる反面、出費が多くなるケースも見られるのです。

一般的な家の売却より、ハウスリースバックで買い取ってもらう場合、3割程金額が安くなります。

つまり、普通に3千万円で売れる土地建物なら2,100万円という事になるのです。

少しでも高い金額で家を売りたいならハウスリースバックは向かないかもしれません。

ハウスリースバックの口コミと評判

ハウスリースバックを実際に行った人の口コミと評判をご紹介します。

ハウスリースバックを検討されているならば、ヒントになる部分がありますのでご覧ください。

ピンチを乗切れました(Fさん)

自営業が上手くいかず、資金繰りで困窮していた時、ハウスリースバックを知って利用する事にしました。

支払で急いでいた為、最短でお金を振り込んでもらい、ピンチを乗り切ることができたのです。

もし、ハウスリースバックが無かったら、会社も倒産し、家も差し押さえられて路頭に迷っていたでしょう。

ハウスリースバックを利用する事で、今でも同じ家に住んでいるので、生活自体には変化がありませんが、気持ち的にすごく楽になりました。

また、仕事を頑張り、家を買い戻す事を目標に頑張りたいと考えています。

売れずに困っていました(Kさん)

家の近くの不動産業者と仲介契約を結び、売りに出してから4ヶ月が経過しました。

なかなか問い合わせも無かったのですが、退職したためハウスリースバックを利用すると決意したのです。

仲介よりは安かった物の、いつ売れるかという不安からは解放され、先々の目安もついたのでスムーズに物事が進みました。

固定資産税の支払も無くなりましたし、住宅ローンから解放されたのも年金生活者には良かったと思います。

スムーズに入金されたのも、魅力でしたし、子供もいないので相続などを考えずに済みました。

始めからハウスリースバックにしておけばよかったです。

普通の賃貸より良いです(Mさん)

今回、ハウスリースバックを利用して家を売却し、住宅ローンを返済しましたが、その前は賃貸住宅に住んでいたので、元に戻ったような感じでした。

しかし、ハウスリースバックは、3年ごとに更新があるものの、更新料や敷金礼金、共益費もかかりませんし、引っ越し費用もいらず、住み慣れた我が家にいられるのが魅力的だと感じたのです。

リース料は、住宅ローンの支払より若干高くなっていますが、更新料や共益費などを考えると安くなります。

ハウスリースバックを選んで負担が軽くなったようです。

まとめ

ハウスリースバックを利用される方は、新しい家の売却方法を見つけ、家に住み続ける事を可能にしています。

実際に利用された方の口コミや評判を見てみると、良いものが多いですが、中には住宅ローンよりリース料が高くなったという人もいます。

物件により、リース料が高くなるケースもありますので、どれ位の金額になるのか、きちんと査定を取って検討してください。

自分の家に住み続けたい人は、一度ハウスリースバックを検討する価値はあります。

今の家に住みながら家を買取ってくれる画期的な売却サービス

公式サイトハウスリースバックの詳細はコチラ

-不動産売却

Copyright© 不動産売るコム , 2017 All Rights Reserved.