不動産購入

マンションの買い替えは失敗してしまうことが多い?売却したほうが良いって本当?

投稿日:

マンションの買い替えは失敗してしまうことが多い?売却したほうが良いって本当?

マンションを買い替えたいとお考えの方がかなりいらっしゃいますが、その計画はそれでよいのでしょうか?

中には、マンションを買い替え手から後悔される方もいるのです。

マンション買い替えで後悔しない為にはメリットとデメリットを比較し、どういった方法があるのか検討する必要があります。

こちらでは、マンションの買い替えと売却のメリットとデメリット、どちらがリスクを減らせるのかなどをご紹介します。

マンションの買い替えのメリットとデメリット

古いマンションに住んでいると、新しいマンションに買い替えたいと思うことがあります。

実際に、マンションを売って新しいマンションを購入する人もいますが、メリットとデメリットがありますので確認しておきましょう。

マンション買い替えのメリット

マンションを買い替えることにより次の様なメリットがあります

  • 最適な間取りの部屋に住める
  • 新しい設備のマンションに住める
  • 資産価値が高い

マンションを買い替える場合、古いマンションから新しいマンションになるのが一般的なため、資産価値が高く、最新の設備が充実したマンションを選ぶ事が可能です。

もしも、売却しなければならない状態になった場合、売れる可能性が高くなります。

買い替えで部屋数を増やしたり減らしたりする事もできるため、ちょうどよい広さの場所に住めて、余計なコストがかからないのもメリットと言えるでしょう。

マンション買い替えのデメリット

マンションを買い替えることにより次の様なデメリットがあります。

  • ローンが2重払いになる可能性がある
  • 固定資産税も売れないと2重払いになる
  • 先にマンションを購入しても売れるかどうか判らない
  • ローン完済の見込みが無ければマンションは売れない
  • マンションの敷金や引っ越し費用などが必要
  • 仮住まい賃貸費用が必要

マンションの買い替えの時に、住みたいマンションが先に見つかって契約を急ぐとマンションローンの2重払いになることもあるでしょう。

売却してからならローンや固定資産税を2ヶ所分払う必要はありませんが、いつ売れるか判らないマンションのお金をいつまでも払わなければならなくなるかもしれません。

これは、とてもリスクが大きいです。

マンションが売れたお金でローンを完済すればいいからと焦れば、このような失敗になることもあります。

マンション買い替えと売却の違い

マンションの買い替えと売却の違いが判らない方も中にはいらっしゃいます。

  • どのように違うか?
  • どちらの方が良いのか

考えてみましょう。

買い替えは、マンションが売れていない状況で新しいマンションを購入してしまうパターンです。

例えば、古いマンションに住んでいて、新しいマンションの募集があると、そちらに申込んでしまいます。

しかし、古いマンションの方は売れていないので手元に資金が無く買い替えローンを利用したり、売却できた時に古いマンションのローンを完済したりするのです。

売却の場合は、古いマンションが売れてからしか新しいマンションを買わない為、2重払いなどのリスクが無くなります。

資金に余裕がある為、引っ越し後の生活に無理が無いのも売却のメリットです。

マンションの買い替えは、よく考えてから行わないと、ローンが払えなくなることもあるので、資金繰りなど注意が必要です。

マンション買い替えの失敗例

マンションの買い替えでは、失敗して金銭的に切迫する人も多くいらっしゃいます。

マンションの買い替えで多い失敗の実例をご紹介しますので、参考にされてください。

マンションが売れないと2重ローンになる

マンション買い替えをされる方の大半は、古いマンションを売って新しいマンションを買うという計画を立て行動されています。

なかなか古いマンションが売れない事が多いので都合により新しいマンションに引っ越す事を優先してしまうケースが多いです。

しかし、新しいマンションに引っ越し後も古いマンションが売れない場合、どちらのローンも払わなければならなくなるでしょう。

これが2重ローンです。

ローンだけではなく、売れなければその間の固定資産税やマンション管理費なども全て2重で払わなければなりません。

収入が増えているなら別ですが、そうでなければ生活を圧迫するのは確実です。

思った金額でマンションが売れない

マンション買い替えで失敗する例には、予想していた金額よりはるかに安くでしかマンションが売れなかったという例も多いです。

特に立地条件は良くても、築年数が古いマンションは相場より安くなることが多いでしょう。

相場を参考にして価格設定し、新しいマンションを買い替えると失敗してしまいます。

例えば、3,000万円で売れると思っていたマンションが2,500万円でしか売れなかったとしましょう。

ローンが2,500万円残っていて、500万円を新しいマンションの頭金にしようと思っていたらその分足りなくなってしまいます。

予定通りの金額で古いマンションが売れるという保証はないので気を付けましょう。

ローン返済金額が払えなくなった

マンションの買い替えで多いのが、2重ローンや売却金額が下がることによって、ローン返済ができなくなるというパターンです。

最初のうちは、何とか2重ローンを払っていても、突然の出費や病気、転職などでローン返済ができなくなることも珍しくありません。

ローンが滞ると最悪の場合、破産宣告などをしなければならなくなります。

自分の収入と支出でどれ位までのマンションなら購入する事ができるか?よく考えて行動しないと、せっかく買い替えたマンションも手放さなくてはならなくなるのです。

マンションは買い替えより売却が良い3つの理由

マンション買い替えについて考えてきましたが、買い替えはリスクが大きいことが判ってきました。

こちらでは、なぜ?買い替えより売却の方が良いのか、3つの理由をご紹介します。

自己資金を確保できる

マンションの買い替えの場合、マンションの売却とマンションの購入を同時に行います。

順調にマンションが売れ、購入できれば問題ありませんが、なかなかうまくいかない事が多いのです。

それよりも、マンションを売却し売れてから購入した方が、確実に自己資金を確保できます。

リスクを大きく減らしてマンションを購入する事で購入後の生活も不安がありません。

ローンを借りやすくなる

マンションの買い替えの場合、古いマンションのローンを返していない状態で新しいマンションのローンを組もうとすると、よほど収入が無い限りローンの組み換えができないことがあります。

お金を貸す方の銀行も2重ローンになって払えなくなるリスクがあるので貸したくないからです。

それより、マンションを売却してからなら、ある程度の頭金があるのでローンも組みやすいです。

古いローンを完済したという実績にもなる為、ローンは売却の方が格段に借りやすくなるでしょう。

無駄なお金を払わなくて済む

例えば、マンションの買い替えなどで2重ローンになると、どちらのローンにも利息を払わなければなりません。

利息だけではなく、固定資産税やマンションの管理費などの諸経費も住んでいないのに払わなければならず、無駄な出費をすることになります。

マンションを売却すれば、マンションの諸費用や固定資産税等も支払わなくて済むため、無駄なお金を支払うことは無くなり、新しいマンションの支払だけとなるのです。

まとめ

マンション買い替えは、よく検討してから行わないと資金面などで苦労する事になる場合も多いです。

マンションなどの不動産は、金額が大きいだけに普通の買い物と同じ感覚で購入すると支払えなくなってしまう事もあるでしょう。

例えば、新しくマンションを買うにしても、前のローンより高くなるような物件は、生活費を圧迫します。

収入が増え続けるなら別ですが、何がキッカケで下がるかもしれませんので、無理の無い支払いにしておいた方が良いのです。

その点から考えると、買い替えよりもマンションを売却して確実にローンを返し、資金ができてからマンションを買ったり、家を買ったり、賃貸に引っ越した方が良いのではないでしょうか?

後から支払いで苦しくなることが無いよう確実なマンションの売却が望ましいのです。

-不動産購入

Copyright© 不動産売るコム , 2017 All Rights Reserved.