土地活用 不動産投資

コインランドリー経営は本当に儲かる?利回りや儲かる立地条件は?

投稿日:

コインランドリー経営は本当に儲かる?利回りや儲かる立地条件は?

ここ最近、注目されているコインランドリー経営ですが、

  • 実際には儲かるものでしょうか?
  • 利回りはどの程度でしょう?
  • メリットやデメリットはなんでしょう?

コインランドリー経営で成功するポイントや注意点、必要経費、利回りをまとめました。

記事の目次

コインランドリー経営とは?

あなたのお住まいの街に、コインランドリーはありますか?

おそらく、生まれてから一度もコインランドリーを見たことの無い人はいないのではないでしょうか?

それくらい、現在では、至るところにコインランドリーがあるということでもあります。

コインランドリーの需要とあいまって、コインランドリーの数も年々増えつつあります。

平成8年度には10228件だったコインランドリーの数が、平成25年度には16693件に増えています。

ざっと計算しても、コインランドリーの数は、この17年の間に、1.5倍以上に増えているということになります。

参考元:(https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei22/pdf/coin-operated_laundry.pdf

このことからも、コインランドリー経営を始める人が増加していることがわかります。

コインランドリー経営は、初期投資が比較的少なく、着実に利益を上げていけるビジネスとして人気があるのです。

人気の高いコインランドリー経営ですが、その実際は、どのようなものなのでしょうか?

コインランドリー経営のメリット

コインランドリー経営のメリットには一体どのようなものがあるのでしょう?

ほかの不動産投資よりもコストがかからない

コインランドリー経営は、コストが比較的かからないビジネスであることが、メリットの一つとして上げられます。

たとえば、アパート経営のために、アパートを一棟購入する場合は、一億円以上もの投資が必要になることがあります。

しかし、コインランドリー経営なら、開業資金は10~15坪程度の店舗で2000万円程度です。

2000万円という金額は、不動産経営にかかる初期投資よりは、安価です。

他の投資にくらべて、コインランドリー経営は比較的安価に始められます。

天気の変化に強く一年中需要がある

雨などの悪天候に左右されにくいのも、コインランドリー経営の強みです。

駐車場や自動販売機は、雨の日は人通りが少なくなるため、売り上げが上がらないと言われています。

しかし、コインランドリー経営は、天候に比較的左右されにくいと言われています。

生活していれば、晴れの日も、雨の日も、暑い日も、寒い日も、一年中洗濯物は出るからです。

しかも、コインランドリーは、雨の日のほうが客が増えるという法則があります。

雨の日は洗濯物を外に干す事が出来ず、部屋干しも乾きにくいため、コインランドリーを利用する客が増えるのです。

空家リスクがない

アパート・マンション経営をする場合は、空室リスクを考えなければいけません。

どんなに良い物件でも、入居者がいなければ利益が出ません。空室が何ヶ月にも及ぶと、見込んでいた利益が出ないことにもなります。

しかしコインランドリー経営の場合は、空室リスクはありません。

コインランドリーの需要が増えている

コインランドリーの利用者は、年々増加しています。

コインランドリーを利用するのは、一人暮らしの人が多いと思われがちですが、実際はそういうわけでもありません。

現在は、共働きの夫婦が増えているため、仕事と家事の両立で忙しい、働く主婦がコインランドリーを利用するケースも多いようです。

コインランドリーには乾燥機があるため、干す必要がなく、家事の手間が減らすことができるのが人気が高いポイントです。

また、お年寄りが利用するケースも増えています。

コインランドリーの洗濯機は、住宅用と違って、毛布などの大きなものの洗濯も可能です。

自宅では洗えないものを洗うために、コインランドリーを利用する人もいます。

単身者だけでなく、主婦や高齢者などの利用が増えてきていることから、今後もコインランドリーの需要は増えそうだと考えている人もいます。

今後の伸びが期待出来る投資先として、コインランドリー経営を考える人もいます。

狭い土地でも経営できる

コインランドリーを始めるのに、それほど大きなスペースは必要ありません。

小さなスペース始められることも、コインランドリー経営の人気が高い理由の一つです。自己所有の建物の空室を利用して、コインランドリー経営を始めることも可能です。

長期にわたって収入が見込める

コインランドリーは、一度設備を設置すると20年から30年は利益を上げ続ける事ができます。

そのため、老後の資産形成のために、長いスパンの利益を見越してコインランドリー経営を始める人もいます。

土地を所有していなくても良い

自己所有の土地や建物が無くても、コインランドリー経営を始めることができます。

場所を借りた場合は家賃はかかりますが、不動産を買わなくても良いため手軽に始められます。

償却率が高い

洗濯機や乾燥機は70~80%の即時償却が可能です。そのため、節税対策にもなります。

人件費がかからない

コインランドリー経営は、人間が常駐しなければいけないものではありません。

そのため、人件費をかけずに続ける事のできるビジネスです。

清掃のためにアルバイトを雇う場合もありますが、時間に余裕があれば自分自身で清掃を行う事も出来ます。

特別な知識は必要ない

コインランドリー経営を始めるにあたって、それほど難しい知識を必要とすることはありません。

そのため、主婦やサラリーマンが副業として、気楽に始められやすいこともメリットの一つです。

コインランドリー経営のデメリット

コインランドリー経営にはデメリットもあります。

メリットだけではなく、デメリットも意識しておきましょう。

開業費用がかかる

比較的小額で始められるといっても、コインランドリー経営には初期投資が必要です。

10~15坪程度のコインランドリーを始めるのに、洗濯機や乾燥機を購入に1300万円ほど、内装工事や看板設置に700万円ほどかかり、合計で2000万円ほどかかるといわれています。

2000万円という金額は、サラリーマンにとっては決して安くない金額だと思います。

さらに、毎月、家賃、光熱費などの維持費もかかります。

初期投資分を回収できるまでには、長い年月がかかることも、頭の片隅に置いておきましょう。

儲けが少ない

毎月の利益が少ないことも、コインランドリー経営のデメリットです。

コインランドリー経営には、維持費がかかります。

維持費はコインランドリーの規模によって変わりますが、たとえば月々の光熱費が10万円、雑費が2万円、清掃の人件費が3万円かかる場合は、維持費は15万円になります。

毎月60万円の売り上げがある場合は、維持費の15万円を差し引き、利益は45万円になります。

家賃が10万円かかる場合は、その分を差し引き、利益は35万円になります。

また、機器が故障したり、盗難などのトラブル対応にお金がかかった場合は、さらに経費がかかることになります。

例えば、2000万円の初期投資をして、毎月35万円の利益を上げたと計算すると、だいたい4~5年で初期投資分を回収できることになります。

5年たって初めて、コインランドリーの利益が自分の収入となる計算です。

コインランドリー経営は、一気に儲かるわけではありません。

気長に取り組める人に向いているビジネスだと言えるでしょう。

赤字のリスクがある

どの商売も同じではありますが、コインランドリー経営にも赤字のリスクがあります。

コインランドリーの場合は、集客が見込めなければ利益は出ません。

初期投資をして維持費にもお金がかかるのに、集客が出来ず利益が出なければ、当然赤字になってしまいます。

コインランドリー経営は絶対に儲かるというものではありません。

赤字のリスクがあることを必ず意識しておきましょう。

メンテナンスや接客の手間がかかる

コインランドリー経営は、機械を置いておけば勝手にお金が儲かるような気がするものですが、実際には接客の手間もかかります。

機械のトラブル対応

機械にはトラブルがつき物です。

故障で動かなくなった場合には、お客様への対応をしなければいけません。

連絡先を自分の携帯電話などにして、自分でトラブル対応をしているオーナーもいます。

しかし、これではいつお客様から連絡がくるかわかりません。サラリーマンの副業の場合は、接客に時間を割く事が負担になる場合もあるでしょう。

時間に余裕の無い人は、トラブル対応を代行してくれるコールセンターに委託することもできますが、その場合は、委託料がかかります。

光熱費や家賃以外にも、接客対応に手間やお金がかかることも、デメリットの一つです。

防犯対策が必要

コインランドリーは、無人で営業する事が多いため、盗難にあったり、いたずらをされることがあります。

そのようなことがないように、防犯カメラをつけたり、人を常駐させるなどの対策が必要です。

コインランドリー経営にかかる初期費用と維持費は?

コインランドリー経営にかかる費用は、いったいどれくらいでしょうか?

開業費用

前述したように、開業費用は、おおよそ2000万円ほどと言われています。

工事代

20坪程度の店舗で工事費が600万円程度、6坪程度で工事費が400万円程度かかります。

機器の購入代金・リース代

コインランドリー経営をする際には、かならず、洗濯機や乾燥機などの機械が必要になります。

機械代は購入すると、10坪程度の店舗で1300万円程度かかると言われています。

機械の性能によっても、費用は変わりますが安い機械にすれば良いというものではありません。

利益を上げるには、ユーザーに満足してもらえるような、機能の充実したものを選ぶ必要があります。

維持費

コインパーキングの経営には次のような維持費(ランニングコスト)が発生します。

水道・光熱費

水道・光熱費は、売り上げによって変わってきます。

利用者が多ければ多いほど、光熱費はかさみます。

例えば、あるリース会社の想定を例にとってみると、一ヶ月の売り上げが80万円ならば24万円程度の光熱費、売り上げが40万円なら12万円程度の光熱費がかかります。

電球をLEDにすると、電気代を節約することが出来ます。

小さな工夫で、光熱費を抑えることも利益を上げるために必要な事です。

家賃

コインランドリーを開業する場所が自己所有で無い場合は、月々の家賃がかかります。

10坪程度の店舗の家賃は10万円~15万円程度と考えておくとよいかもしれません。

もちろん、家賃は場所によってもかわりますし、大家さんとの交渉によっても変わるものです。

たった1万円の家賃の違いでも、1年で12万円、5年で60万円もの差になります。家賃交渉が出来る場合は、少しでも安く借りることが利益をあげるための秘訣です。

雑費

洗剤や、掃除につかう道具などの雑費がかかります。

雑費はだいたい2万円程度と考えておくと良いでしょう。コールセンターに接客代行を依頼した場合は、その費用も雑費に含まれます。雑費も工夫次第で、節約できます。

人件費

清掃のためにアルバイトを雇った場合は、人件費がかかります。

時給1000円で、1日1時間で計算すると、30日で3万円かかります。

人件費を節約するために、オーナーが自分で清掃をする場合もあります。

コインランドリー経営の利回りは?

コインランドリー経営の利回りは、賃貸物件で15%、自己所有物件で20%と言われています。利回り20%なら、5年でもとが取れる計算です。

アパート経営の利回りが5%前後ですから、利回り15%~20%のコインランドリー経営は利回りの高い投資と言えるでしょう。

コインランドリー経営で儲ける方法

コインランドリー経営で儲けるために、気をつけておくポイントはなんでしょうか?

集客の見込める立地を選ぶ

コインランドリー経営で成功するには、なんと言っても、良い立地条件の物件を選ぶ事です。

どんなに良い機械を設置しても、どんなに素敵な内装にしても、場所が悪ければ人が来てくれず、利益はでません。

具体的には、どのような場所を選べばよいのでしょうか?

車で立ち寄りやすい場所

車で立ち寄りやすい場所にコインランドリーをオープンするのもおすすめです。

洗濯物を抱えて、お店まで歩くのは大変です。

そのため、自家用車を使ってコインランドリーまで来る人も多いです。近くに駐車場や駐車スペースがある物件を選ぶと良いでしょう。

マンションやアパートの近く

コインランドリーを利用する人は、自宅から遠く離れた場所まで洗濯しに通いたいとは思わないはずです。

マンションやアパートが近くにある場所なら、住人が頻繁に足を運んでくれます。

人通りは少なめの場所

洗濯物をもって、人通りが多い賑やかな場所へはあまり出向きたくない、と思うのが人情ではないでしょうか。

コインランドリーはなるべく人通りが少なく、静かな場所で開業するのが良いでしょう。

競合がいない場所を選ぶ

近くに似たような店舗があれば、競争になってしまいます。

自分の店よりも良い機械を導入されれば、競争に負けてしまいます。

開業する場合は、ほかにコインランドリーがない、ライバルのいない場所を狙って開業しましょう。

市場調査を行う

コインランドリーの候補地を決めたら、市場調査を行いましょう。

半径2km以内にどのような人たちが、どれくらい住んでいるのか、調べます。

ファミリー層が多いのか、単身者が多いのか、マンションが多いのか戸建てが多いのかを調べ、さらに、人の流れも調べます。

隣のエリアにコインランドリーがある場合は、その規模も調べておきます。

それらのデータをふまえて、どれくらいの集客が見込めるか、予測してみましょう。

しかし、これらの事を、素人が個人で行うのは難しいと思います。

そのため、初めてコインランドリー経営を始める場合は、フランチャイズにお願いするのが良いでしょう。

新規参入されない場所を選ぶ

コインランドリー経営を始めるにあたり、経費節減のために家賃が安い物件を選びたいと考える人もいるでしょう。

しかし、安くて立地条件が良いからといって、必ずしも良い場所であるというものではありません。

安くて立地条件が良いということは、ほかの人も借りたくなる場所ということでもあります。他の人がコインランドリーを始めれば、競合が生まれることになります。

他の人が借りられないような場所を選んで借りる事も大切です。

適切な広さの店舗にする

コインランドリーは小さなスペースでも開業できます。

しかし、ある程度の広さが無ければ、利用者にとって使いにくい店舗になってしまいます。家賃の問題との兼ね合いもあるとは思いますが、ある程度の広さは確保しておきましょう。

需要のある機器を揃える

利用者がコインランドリーを利用する理由のひとつとして、自宅の洗濯機ではできない事が、コインランドリーの洗濯機では可能だから、というのがあります。

  • 大容量が洗濯できる
  • 乾燥できる
  • 布団などの大きなモノも洗濯できる

これらのメリットがあるため、コインランドリーまで、わざわざ足を運ぶ人もいるのです。

家庭用洗濯機には無い高機能を備えているところも、コインランドリーの「ウリ」なのです。

機械への設備投資はしっかりと行うとよいでしょう。

清掃を行う

清潔感の無いお店では、お客様も通う気をなくしてしまいます。

清掃はマメに行いましょう。

女性客が入りやすい雰囲気作り

コインランドリーの利用者には、働く主婦などの女性客も増えています。

カフェスペースを設置するなどして、女性客の好感度を上げるための工夫をしているコインランドリーもあります。

防犯カメラを設置する

防犯対策のために、防犯カメラを設置しましょう。

スタッフを常駐させる

人件費はかかりますが、スタッフを常駐させることで防犯対策になり、安心して利用できるお店になります。

休憩スペースをつくる

ただ洗濯するだけの場所ではなく、リラックスしてくつろげるような雰囲気作りをすることで、ユーザーの好感度が上がり、また来てもらえるお店になるかもしれません。

コインランドリー経営は自営とフランチャイズどちらがおすすめ?

コインランドリー経営をする場合には、自営とフランチャイズのどちらが良いのでしょうか?

自営の場合は、立地調査や資金繰り、機械導入、工事の依頼など、開業に必要な全ての工程を自分ひとりで行うことになります。

商売の経験があり、また、自分の思うように経営したい人は自営がおすすめです。

しかし、はじめてコインランドリー経営をする人にとっては、全てのことを自分ひとりで決定し、進めていくことは、ハードルが高い作業だと思います。

また、立地調査や、導入する機械の台数を決めるには、知識や経験が必要です。

フランチャイズにお願いすれば、開業に必要な全ての事を、本部に任せることができます。また、他の店舗との交流や情報交換の機会を持つこともできるため、勉強にもなります。

これらの理由から、初めてコインランドリー経営をする人には、フランチャイズがおすすめです。

コインランドリー経営はどんな人におすすめ?

コインランドリー経営がおすすめなのは、どんな人たちでしょうか?

副業として経営したい

副業を考えている人に、コインランドリー経営はおすすめです。

サラリーマンなどの本業があることで、ローンも組みやすいです。

また、コインランドリーは手間がかかりません。サラリーマンの副業にはぴったりのビジネスです。

利回りの良い投資がしたい

アパート経営などにくらべ、利回りが良いのがコインランドリー経営です。

高い利回りでしっかりとした利益を上げたいと考えている人にも、コインランドリー経営はおすすめです。

土地や建物を持っている人

自己所有の土地や建物を持っている人にも、コインランドリー経営はおすすめです。

コインランドリー経営なら、空室を利用して始める事も可能です。

手間をかけずに経営したい人

コインランドリー経営は、手間のかからないビジネスです。

設備投資をすれば、後は清掃と集金すれば良いだけです。

顧客対応も必要ですが、コールセンターに委託すれば自分で行う必要はありません。

手間をかけたくない人にもおすすめです。

老後の資金作りを考えている人

コインランドリー経営の利益は、それほど高額ではありませんが、きちんと運営できれば、長期的に利益をあげることが可能です。

今から、老後の資金作りを考えている人にもおすすめです。

コインランドリー経営は本当に儲かる?

10年以上も前から、コインランドリーの需要は増え続けています。

さらに、これからも、コインランドリーの需要は増える可能性があるといわれています。

コインランドリー経営はのびしろのあるビジネスであるということからも、現在注目を集めているようです。

しかし、どんなビジネスもそうですが、やり方を間違えれば失敗し、かえって損をしてしまいます。

コインランドリー経営の成功の明暗を分けるのは、立地条件と設備だと言われています。

成功するには、集客の見込める場所を選び、需要のある機械を設置することが大切です。

そのためには、信頼できるフランチャイズを見つけ、しっかりとした調査を行ってから開店することをおすすめします。

-土地活用, 不動産投資

Copyright© 不動産売るコム , 2018 All Rights Reserved.