土地・空き家・農地・山林などの不動産活用情報サイト

不動産売るコム

土地活用

不動産売却における仲介業者の選び方のポイントとは?

投稿日:

不動産売却における仲介業者の選び方のポイントとは?

人生の中で不動産を売却する機会はそんなにありませんが、せっかく売却するならば良い不動産売却仲介業者を選ぶ事が先決です。

不動産売却が成功するかどうかも仲介業者次第だと言えるでしょう。

重要な不動産仲介業者をどのようにして探せばいいのか?選ぶポイントについてご紹介します。

不動産売却の仲介業者とは?

不動産の仲介業者とは、身近な言葉で言うと不動産屋さんです。

不動産を売ろうと思った時、直接誰かに土地や建物を売ると、トラブルの元になりますし、適当な相手を探すのも困難でしょう。

不動産売却の仲介業者は、煩雑な手続きを行ってくれ、買主も探してくれる便利な業者です。

良い仲介業者を選んで希望に近い不動産売却ができるようにしましょう。

仲介業者はどんなことをするのか?

仲介業者は、不動産売却の時にまずは所有者の不動産を査定します。

所有者と契約が終わると、レインズ等に登録したり、不動産広告を出したりして買主を探すのです。

買主が見つかれば、土地を見せ、建物の内覧を行って売却に勤めます。

買主が購入の意思を固めたら、売主との間で不動産売却の仲介を行い契約締結し、不動産引渡の時も立ち会います。

一般的な土地や建物の仲介の場合は、このような流れで仲介業務を行いますが、取り扱う不動産物件によっては、仲介業者自体が不動産を買取る場合もあるでしょう。

不動産売却仲介業者の種類

不動産売却仲介業者には次のような種類があります。

  • 媒介業者
  • 分譲業者
  • 買取り再販業者
  • 専門系業者

一般的な土地や建物の売買等は媒介業者が行います。

いわゆる、不動産業者です。

他にも投資用物件や事業用物件などの媒介を行います。

分譲業者は、建売業者やマンションデベロッパーなどになり、土地を買取りしてマンションなどを建て分譲する業者です。

買取り再販業者は、中古物件や新築物件などを買取り販売します。

中古物件をリノベーションやリフォームをして売ることもあるでしょう。

専門系業者は、不動産投資ファンドなど不動産の売り買いがメインの会社や商業施設の運営開発をする業者です。

それぞれ、不動産を売却する目的や扱う金額も違うので、自分の不動産物件に合った業者を選ぶようにしましょう。

仲介業者は大手と中小企業のどちらが良いのか?

不動産売却の仲介業者を選ぶ時に、名前を聞いたことがある業者を選ぶ人も多いでしょう。

仲介業者には、大手もあれば中小企業もあります。

大手だから安心だと思いがちですが、担当によってコミュニケーションが取りづらい事もあるでしょう。

中小企業でも評判の良い仲介業者はたくさんあるので、業者の大小だけで選ぶのはよくないかもしれません。

まずは、対応の速さや丁寧な説明など、業者がどのような感じなのか問い合わせてみると良いでしょう。

不動産売却の仲介業者を探す方法

不動産売却仲介業者を探す方法は様々です。

ネットで簡単に探す方法もありますが、自分の不動産物件を早く高く売ってくれる仲介業者を探す方法をご紹介します。

仲介業者を一括査定で探す

手軽にできる仲介業者探しならネットで一括査定がおすすめです。

ネットで自分が所有している不動産情報を入力すると、10社程から数分程で査定額がでます。

自宅近くの不動産業者から、大手仲介業者まで金額などが表示されるので、選ぶときの目安になるでしょう。

仲介業者の中には、一括査定でかなり高い金額を付ける所もありますが、実際に査定する金額と異なることも多いので、あくまで目安にしてください。

得意分野の仲介業者を見つける

それぞれの不動産売却仲介業者には、得意分野があります。

仲介業者が誰かに売るのを得意としている場合もあれば、仲介業者自体が物件を買い取って誰かに販売するような場合もあるでしょう。

また、少し広めの土地ならば、マンションや商業施設など土地開発をする業者に売った方が高く売れる事もあります。

所有不動産が、住宅街なのか?商業地なのか?都市部なのか?によって仲介業者も異なります。

仲介業者の口コミサイトを見る

ある程度、どこの仲介業者に頼むか決めたなら、業者の口コミサイトなどを見てみましょう。

仲介業者によっては、あまり口コミで評判が良くない会社もあります。

利益追求ばかりの会社だと、トラブルになるようなこともあるので、口コミをチェックしてから契約しても遅くないはずです。

不動産サイトによっては、ランキング形式で良い仲介業者を紹介していますので、参考にしてみてください。

不動産売却仲介業者の選び方

良い不動産売却仲介業者を選ぶ事が、良い不動産取引ができるかどうかのポイントになるでしょう。

不動産売却仲介業者は、どのような点に注意して選べば良いのかご紹介します。

売却価格で仲介業者を選ばない

特に、不動産の一括査定等を利用して仲介業者を探す人にありがちなのが、不動産売却価格だけを見て不動産業者を選ぶという事です。

確かに、誰でも不動産を高く売りたいと思っています。

しかし、一括査定サイトの金額は、あくまで目安であり、表示された金額で売れる事はほとんどないのです。

査定金額が高い順番から3社絞り込み、評判や会社の活動などを確認したうえで更に1社か2社まで選んで直接査定してもらった方が良いでしょう。

一括査定の時の金額と、どれ位の差があるか?どのような契約を勧めてくるかで、最終的に仲介業者を選ぶと失敗が少ないです。

ネームバリューだけで選ばない

不動産売却仲介業者を選ぶ時に、失敗した人の中には、ネームバリューだけで選んだ人もいます。

どうしても、有名な会社だと良い会社と思いがちですが、全ての支店が良いという訳ではありません。

ネームバリューだけでは、中身が判りませんので気を付けてください。

担当者によってその会社のイメージが変わることもあるでしょう。

聞いたことが無いような仲介業者でも良い業者があるので、よく調べてから契約する事をおすすめします。

コミュニケーションが取れる仲介業者が良い

仲介業者を選ぶ際に、ポイントの一つとなるのがコミュニケーションをちゃんと取れる業者かどうかです。

例えば、一括不動産査定などで数社を選び連絡した場合、すぐに返事をくれた業者と3日経っても返事が来ない業者では、どちらが良いでしょうか?

3日経っても返事が来ない業者は、何かにつけてルーズな事も多いです。

契約してからも広告や宣伝が遅れ、返事が来ずにイライラする事もあるかもしれません。

打合せをしたり、質問したりした時にコミュニケーションがうまく取れないような仲介業者でも不動産売却でトラブルになることがあるでしょう。

すぐに連絡をくれ、しっかりと疑問を解決してくれる仲介業者を選ぶようにしてください。

不動産売却仲介業者の注意点

不動産売却仲介業者と契約する時には注意しなければならない点があります。

良い仲介業者ばかりではありませんので、きちんとした仲介業者かどうか確かめましょう。

免許番号と行政処分歴を確認

信頼できる仲介業者かどうか見極めるためには、業者の免許番号を確認したり、行政処分歴を確認したりすることが大切です。

いくら、良い事ばかり言う仲介業者であっても、免許番号がよく判らないような業者は言語道断でしょう。

また、行政処分の内容によっては、契約を避けた方が良い場合もあります。

できれば、不動産知識がある第三者に相談し、行政処分歴などがどのような内容なのか確認したうえで契約してください。

買取りを迫る仲介業者は要注意

媒介業者や買取り再販業者などの仲介業者だと、様々な理由を付けて買取りを迫る業者もいます。

好条件をだして、すぐにでも買取ろうとしますが、後になって近隣相場よりも安い値段で売ってしまったという事もあるでしょう。

このようなトラブルを防ぐためにも、1社だけではなく複数業者の査定が必要ですし、自分でもある程度、土地の相場などを調べておく必要があります。

強引に話をまとめようとするような仲介業者は怪しいので、即答せず、会社の概要などを調べてからでも遅くはありません。

契約満了を待って仲介業者との契約を解除する

不動産所有者と仲介業者は、コミュニケーションが取れないとか、話の行き違いでトラブルになることも多いです。

しかし、媒介契約などを交わした後だと、簡単に契約を解除することができません。

専任媒介契約などを結んだ場合、最低3か月間は契約解除ができないと思ってください。

無理に解除しようとすると仲介業者と揉める事になり、買主との契約などがある場合、裁判沙汰になることもあるでしょう。

3ヶ月経てば契約解除ができますので、それまでは我慢した方が良いです。

まとめ

不動産売却は、不動産知識が無い一般の人が行うと、金額や瑕疵などで揉める事が多いです。

ちゃんとした仲介業者と契約できれば強い味方になってくれますが、そうでない場合もありますのでよく考えずに契約するのはおすすめできません。

仲介業者を決める時は、慎重に第三者の意見も聞いたうえが良いでしょう。

土地の場所などで仲介業者が限定される事もありますが、需要がありそうな不動産なら、売主の都合で良い業者を選ぶ事ができます。

-土地活用

Copyright© 不動産売るコム , 2017 AllRights Reserved.