土地・空き家・農地・山林などの不動産活用情報サイト

不動産売るコム

空き家活用

家・空き家を高く売るためのコツとは?どこよりも詳しく解説します!

投稿日:

家・空き家を高く売るためのコツとは?どこよりも詳しく解説します!

家を売るのにはさまざまな理由があるかと思いますが、売るならできるだけ高く売りたいと思うのはみなさん同じだと思います。

家を売るには不動産業者と契約をして仲介してもらいますが、家を高く売れるかどうかはこの不動産業者選びでまず決まります。

ここで選択ミスをしてしまうとその後努力をしたとしてもなかなか高い金額で家を売却することは難しくなるでしょう。

では不動産業者を選ぶ方法は?その他にも家を高く売るためのコツはあるの?

といった問題をここではどこよりも詳しく解説していきます。

不動産業者選び

家を売ると決めたらまずは契約を結ぶ不動産業者選びを始めます。

さて家を売るのに1番大事な不動産業者選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか解説していきます。

一括査定サービスの活用

一括査定サービスというのは現在家だけでなく、車などさまざまな分野で重要視されています。

ネットで複数の不動産会社の査定金額を知る事ができるので大変便利なサービスです。

不動産業者といってもそれぞれの会社で賃貸物件を得意とする会社、投資物件を得意とする会社などそれぞれに得意分野があります。

なので家の売却に強い不動産業者を選ぶ必要があります。

一般の人がどの不動産業者が家の売却に強いかを判断するのは難しいと思います。

そこで役立つのが一括査定サービスです。

ここで複数の業者を比較し、査定額の低い業者は家の売却を得意としていないと判断できるからです。

一括査定をしただけで、査定額が1番低い業者と1番高い業者で数百万円の差が出ることもあります。

なのでまずはこの一括査定サービスを活用しましょう。

しかしここで気をつけないといけないのは、一括査定の結果だけで不動産業者を決めないということです。

なぜいけないのかをこの後で説明します。

不動産業者選びで重要なこと

一括査定の結果で査定額や知名度で不動産業者を1社に決めることは絶対にやってはいけないことです。

では何を比較して決めればいいのかをこれから解説していきます。

査定額の詳細を知る

査定額を出してもらった不動産業者に問い合わせて査定額の詳細を説明してもらいましょう。

家の良いプラスになった点、悪いマイナスになった点を細かく丁寧にエリア事情も混ぜて説明してくれる業者は信頼性が高いです。

反対にどうしてこの査定額になったのかをあいまいな説明でしか教えてくれない業者は信頼性が低いといえます。

契約が欲しいだけで査定額を高く出した可能性があります。

なので査定額が出たらまず不動産業者に査定額の詳細を問い合わせ、その内容で不動産業者を選ぶことをおすすめします。

不動産業者の実績を知る

候補にあがっている不動産業者それぞれに家の売却実績を聞きましょう。

売りに出したいエリアで同じような物件の売却実績が多ければ多いほど信頼できるといえます。

いくら知名度が高い不動産業者でもエリアによっては地域の不動産業者の方が実績があることもあります。

実績があるということは買い手を見つける力があるということですので、単に知名度だけで決めないようにしましょう。

担当営業マンの質や相性を知る

家を売るということは買うことよりも大変になります。

その分担当の営業マンとは頻繁に会ったり電話などで連絡をとることになります。

まずはこちらが疑問に思っていることや不安なことを気軽に相談できるか、次に疑問点について具体的な問題解決の提案をしてくれるかどうかを見極めます。

頻繁に連絡を取り合うのにその都度ストレス感じるようになってしまいますと、家を高く売りたいというモチベーションも下がってしまいます。

なのでストレスを感じることなく気軽に相談できる営業マンかどうか比較しましょう。

以上が不動産業者を選ぶ時の重要なポイントになります。

最初の不動産業者選びを失敗しますと後に後悔することにもなりますので、慎重に選びましょう。

内覧希望者に好印象を持ってもらう

不動産業者と契約を結んで実際に物件を売りに出すと、物件に興味を持った方から内覧希望の連絡が不動産業者を通してきます。

内覧希望という事は家の購入を検討しているということで、内覧は購入してもらえるかどうかの重要なイベントになります。

ここで内覧希望者に物件を買いたいなと思ってもらうためには何をしたらよいか解説していきます。

部屋を広くみせる

売りに出している時点でまだ物件に住んでいる状態だと、家の中にはいろいろな物が置いてありますよね。

しかし内覧者が1番最初に部屋を見て思う事は、部屋が広いと思うか狭いと思うかです。

物件の間取り図をみて部屋の広さを知っている状態で、実際に部屋を見たときに思っていたよりも広いと思わせる事が大事です。

なので内覧者が来るときは家の中の物をできるだけなくしてスッキリ見せましょう。

実家が近い方はお願いして荷物を一時的に置かせてもらったり、そうでなくても今はトランクルームが借りられるので1日だけ借りて荷物を移動させるようにしましょう。

特に気をつけるのはリビングルームです。

家に入って1番最初に見る部屋はリビングルームが多いです。ここで印象をよく見せるとその後の内覧に関心を持って購入意欲を上げてもらえるでしょう。

大事なのは広く見せることです。

家全体を明るく見せる

人の家にいくと自分の家より明るいなとか暗いなとか無意識に感じていますよね。

特に明るさに注意していなくても人は無意識に明るさに敏感になっています。

なので家全体の明るさは重要ポイントになります。

家に入ってなんか暗いなと思われてしまうと、内覧者の購入意欲は下がってしまいます。

そうならないためにできることは、電球を新品に交換することです。

ただ新しいのに交換するだけでなく、部屋の用途によって電球の種類を変えると良いでしょう。

また当たり前ですが、内覧時には最初からカーテンを開けておきましょう。

カーテンを空けてさらに電気もつけておくとよいです。

これも重要ですが、内覧者と話す時はハキハキと喋って笑顔で対応しましょう。

せっかく部屋が明るくても対応している人が暗くてぼそぼそ喋っている人とは取り引きしたくありませんよね。

いつも以上に明るく対応する事が大切です。

家のお掃除

家のお掃除は日頃からやっていると思いますが、内覧者が特に気にしてみる所は水周りです。

部屋の掃除はできても水周りの掃除は長い間使っている水垢やガンコ汚れなど綺麗にするのが難しいと思います。

そんな時に便利なのが掃除のプロによるハウスクリーニングの依頼です。

お金がかかることですが、水周りの掃除は大変ですし高い金額を出して家を買ってもらうために多少お金をかけることはそんなに苦にはならないはずです。

水周りが綺麗になっているのと、水垢や汚れが付いたままになっているのとでは印象が全く違います。

家の中だけでなく外にも気を配りましょう。

雑草がぼーぼー生えていたり、植木の手入れがされていないと印象は悪いです。

敷地が広いと大変ですがなるべく庭なども綺麗にして内覧者を迎えましょう。

以上が内覧者に好印象をもってもらうためのポイントになります。

自分でできることは自分でやって、大変なことは業者にお願いして万全の状態で内覧者に対応しましょう。

まとめ

ここまでで家を高くうるためのコツをかいせつしてきましたが、大事なポイントは

  • 一括査定サービスを活用して複数の不動産業者の比較をする。
  • 複数の不動産業者の中から売りたい物件の実績と査定内容やその他の相談に丁寧に対応してくれる不動産業者を選ぶ。
  • 内覧希望者に購入意欲をあげてもらうように、準備をしておく。

でしたよね。家を高く売るのにこの3つは重要なポイントになりますので、しっかりと押さえておきましょう。

現在はどんどん新築のアパートやマンション、戸建住宅が建てられています。

そのせいで家を買う人はほとんど新築住宅を買って行きます。

そんな中少しでも家を高く売るためには、売る側の情報収集と努力が必要になります。

大変な作業もあるかと思いますが、家を高くうるために努力を惜しまずに頑張っていただけたらと思います。

-空き家活用

Copyright© 不動産売るコム , 2017 All Rights Reserved.