リフォーム

リノベーションとは?費用や事例などを徹底解説!DIYはおすすめできない?

更新日:

リノベーションとは?費用や事例などを徹底解説!DIYはおすすめできない?

今、家の改修をお考えの方は、リノベーションという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

リノベーションとは、どういったもので、費用はどれくらいかかるのか気になる人もいます。

今回は、リノベーションとはどういう事をするのか?相場や費用、具体的な事例、DIYとリノベーションの比較についてご紹介しましょう。

リノベーションとは?

例えば、戸建ての中古住宅があるとします。

この中古住宅を購入し、自分の思うような間取りやシステムに作り替えるのがリノベーションです。

家を修理する事がリノベーションだと思っている方も多いですが、リノベーションとはリフォームよりも大規模な改修のことを言います。

リノベーションを行うと、家の中がキレイになるだけではなく機能が向上し、資産価値を高める事ができ、耐震性も安全性もアップするのです。

防音性や耐震性が高まることにより、室内の熱効率も上がり、節電などエネルギーの消費を減らす事も可能です。

住みやすい家になるだけではなく、家自体の価値が上がります。

リフォームとは違うリノベーション

リノベーションとリフォームを混同している人も多いのではないでしょうか?

どちらも家の工事を行いますが、リフォームは、古くなった建物を建築した頃の性能に戻す工事の事で、リノベーションは、建物に付加価値を付け再生させる工事になります。

つまり、リフォームよりリノベーションの方が大規模で多くの場所を変えてしまいます。

リフォームでは、壁紙を張り替えたり少々水回りの設備を変えたりする程度ですが、リノベーションでは、戸建てのみ間取りも変える事があるのです。

マンションの場合、配管がある為、間取り変更まではできません。

つまり、リノベーションはリフォームより時間も費用もかかるし大掛かりな工事になります。

リノベーションのメリット

リノベーションにすると次のようなメリットが期待できます。

  • 新築より費用が安くなる
  • 物件の選択肢が増える
  • 戸建てなら間取りの変更もできる

リノベーションの場合、中古の戸建てやマンションを購入するので、新築よりもかなり費用が安く抑えられます。

リノベーション費用はかかりますが、新築に比べるとかなりお得でしょう。

中古物件だと、立地条件が良い場合も多く選択肢も増えます。

物件自体が古くてもリノベーションすればよいですし、条件の良い場所の家が格安で手に入ることもメリットと言えるでしょう。

リノベーションの範囲

リノベーションは、自分の思い通りに家を改修する事が可能ですが、どこまでの範囲OKでしょうか?

一般的なリノベーションの場合、壁紙やドア、床、壁の中に断熱材を入れたり、窓を遮音性の高い物に変えたりという事もあります。

他にも、水回りの設備であるキッチンやトイレ、お風呂、洗面所などを入れ替える事も多いです。

他にもシューズクロークを作ったり、ウォークインクローゼット、ロフトなどを増やしたりする場合もあります。

つまり、リノベーションは、家の中のほとんどを変える事ができるということです。

リノベーションの費用はいくらくらいかかる?

中古住宅を購入しリノベーションを行いたい人は、費用がいくら位なのか?気になる所です。

新築より安いとはいえ、いくら位の費用がかかるのでしょうか?

実例を上げながらリノベーション費用の詳細をご紹介します。

リノベーションの相場

一般的なリノベーションの相場は、平米あたり10万円から15万円だとされています。

つまり、50平米の家で500万円から750万円程ということになるのです。

ただし、狭い部屋だったり、希望する設備が高かったりすれば更にアップします。

リノベーションの施工費用で多い価格帯は、600万円から1千万円位ですが、広い家ならば更に高くなるのです。

どこまでリノベーションするかによってかなり費用が変わってきますので、何を重視するか考えておきましょう。

フルリノベーション費用について

リノベーションには、部分的なリノベーションとほぼ全てを回収するフルリノベーションがあります。

フルリノベーションの場合、新築同様になるだけではなく、水回りなどの設備も全て新しくするため、機能性が格段に向上します。

ただし、フルリノベーションになるとかなり費用がかかると思ってください。

新築住宅を建てるよりは費用を抑えることができますが、それなりの金額をかけないとフルリノベーションにはなりません。

全てが新しい室内で生活をスタートさせられるので、満足度が高く、わざわざリノベーション物件を探す人もいるくらいです。

近年では、リノベーション専門業者がフルリノベーションした物件が高く評価されています。

事例別リノベーション費用

こちらでは、実際にかかったリノベーション費用を事例別にご紹介します。

リノベーションと言っても、戸建てのリノベーションもあればマンションのリノベーションもあり、費用はそれぞれ異なります。

事例1:中古マンション約80平米のフルリノベーション

中古マンションをフルリノベーションし、室内全部の壁や床はもちろん、間取りまで変更し、キッチンやお風呂なども入れ替えました。

部屋全体の色を統一することで、まるでホテルのような快適な空間になっています。

こちらの物件でリノベーション費用は1,300万円程です。

事例2:中古戸建て住宅を購入し部分的にリノベーション

中古の戸建て住宅(築20年以上)を1,500万円程で購入し部分的にリノベーションした事例です。

広さは110㎡を超えていますが、1階全面とウッドデッキのみを工事したので、費用も抑えられました。

築20年以上の家が見違えるように広くなっただけではなく、広々とした空間に間取りも変えたため、家主の理想の住まいになったのです。

ウッドデッキはいつでもキャンプができる位、広いスペースとなりハンモックもつるせるそうです。

リノベーション費用は1,000万円程かかりました。

予算に合わせてリノベーションする

リノベーションには様々な形がありますが、予算に合わせてリノベーションする方法もあります。

あるご家族は予算500万円でマンションのリノベーションをされました。

予算500万円で、できる限りのリノベーションをしたいということで、浴室、洗面所、トイレなどの水回りの他リビングダイニングと和室もリノベーションしたのです。

機能性が向上し、毎日の生活が快適になりました。

リノベーションは、準備できる金額で行うという方法もあります。

DIYとリノベーションの比較

近年、DIYブームとなっていて家の改修を自分で行う人が増えています。

プロが行うリノベーションとDIYでは、どのように違うのかご紹介しましょう。

費用対効果ならリノベーションがお得

DIYは、自分で家の中をリフォームしていくので、時間はかかりますが、人件費もかからず、とにかく費用が安く済みます。

ただし、DIYのレベルが大工さんなどプロ並みなら問題ないですが、素人レベルだと、棚を作ったり、ドアに飾りを付けたりするくらいしかできません。

また、リノベーションの場合、プロがインテリアなども併せてくれるので、部屋の印象が良くなりますが、DIYではなかなか難しいです。

トイレやキッチン、洗面所、お風呂などの水回りは、DIYで行うことができないのです。

複雑な配管工事などは、やはりプロでないと水漏れの原因になることがあります。

時間やデザイン性、安全性や機能性を考えれば、リノベーションの方が費用対効果は高いです。

DIYよりリノベーションが良い点

DIYよりリノベーションの方が良い点には次のようなものがあります。

  • プロが施工するので安心・安全
  • 施工後の故障も少ない
  • 短期間での工事が可能
  • デザイン性も高い部屋になる
  • 総合的にお得な面が多い

家の中の一部分は、DIYでも利便性が向上しますが、全体的なリノベーションになると違います。

リノベーションを専門に行っている業者等は、トラブル対応なども早いので、何か問題が行った時にも慌てなくて済むのです。

リノベーションした後の事も考えると、やはりDIYよりリノベーションの方が良いと言えます。

まとめ

今まで、家やマンションを購入する場合、新築で買うか、中古で買うかの2択でした。

しかし、近年のリノベーションブームにより、中古物件を購入してリノベーションする、第3の選択肢が増えたのです。

これにより、格段にお得で快適な生活が手に入りやすくなりました。

空き家問題なども深刻化しているので、今ある家をリノベーションする傾向は、日本の事情に合っているようです。

家を求める年代の方も、立地条件がよい中古住宅をリノベーションして住むことに抵抗感が少ない為、これから更に多くなるのではないでしょうか?

DIYとリノベーションを比べると、やはり利点はリノベーションの方が多いので家を改修するならよく考えて行ってください。

-リフォーム

Copyright© 不動産売るコム , 2017 All Rights Reserved.