リフォーム

リフォーム業者の選び方!良い業者と悪い業者の見分け方って?

更新日:

リフォーム業者の選び方!良い業者と悪い業者の見分け方って?

「大きなキッチンが欲しくなった!」とか、「介護が必要になったから段差をなくしたり、手すりをつけよう!」とか、「子供がひとり立ちしたので、子供部屋をオーディオルームにしよう!」などなど、住宅リフォームをする人が増えています。

住宅リフォームで重要なのは、あなたのイメージとリフォーム業者です。

リフォーム業者選びに失敗してしまうと、あなたのイメージ通りのリフォームにならないどころか、欠陥住宅に変わってしまうかもしれません。

また、最悪な場合には、工事が完了しないままリフォーム業者が倒産してしまう。なんてこともあるかもしれません。

この記事では、信頼できるリフォーム業者の探し方や、上手な見積もりの取り方などについて解説します。

一概にリフォーム業者と言っても様々な種類の業者があります

住宅リフォームを検討する際、まずはリフォーム業者を探す必要があるわけですが、一概にリフォーム業者と言っても様々な業者があります。

リフォーム業者として決まった定義はなく、リフォームに関わっている業者が全てリフォーム業者と呼ばれます。

建築業界の構造として、1社が全ての工事を担当するとは限らず、施主が契約するのは1社であっても、複数の会社が関わることが多いです。

場合によっては、下請け、孫請けなどの業者が関わることも考えられます。

リフォームする場所が、外観なのか、玄関なのか、キッチンなのかによって、選ぶリフォーム業者が変わる可能性があります。

また、住宅全体をフルリフォームする場合は、一部分をリフォームする場合とは違うリフォーム業者を選ぶ必要が出てきます。

リフォームを取り扱う業者としては次のような会社があります。

  • リフォーム専業会社
  • 住宅メーカー
  • 工務店
  • 専門工事業者
  • 設計事務所・デザイン事務所
  • リフォーム業界以外の会社

リフォーム専業会社で全国展開している会社はあまりありません。

多くの会社は、自社では設計・施工せず、リフォーム物件の地元の工務店や専門工事業者に発注することが多いです。

住宅メーカーは、全国展開している会社が多くあります。

主に新築物件の建築や販売をしているので、リフォームはグループ会社が担当することが多いです。

有名な会社も多いため、安心して発注することができます。

ただし、自社で新築した物件のみをリフォーム対象としている場合もあるので注意が必要です。

工務店は、地域に根差した経営を行っている会社が多く、新築からリフォームまで万能な会社が多いです。

依頼内容によって、自社で設計や施工したり、必要に応じて他の会社へ発注して、全体の施工を管理することもあります。

また、住宅メーカーやリフォーム専業会社に依頼しても、実際に設計や施工するのは、地域の工務店であることも多いです。

専門工事業者は、特定の専門分野を請け負う会社で、例えば電気工事業者や左官屋などが当てはまります。

工務店などの下請けで、施工を担当することが多いのが特徴です。

設計や複数業者と協業は苦手な会社が多いようですが、のリフォーム目的が専門工事業者1社にとどまるものであれば、リフォーム費用が安くなる可能性があります。

設計事務所・デザイン事務所は、施主の希望を設計・デザインする会社です。

デザイン性の高いリフォームを希望するのであれば、設計事務所・デザイン事務所がおすすめです。

ただし、設計士・デザイナーとの相性が大きなポイントになりますので、見極めが重要です。

実際の施工は、工務店や専門工事業者が行い、設計事務所・デザイン事務所は、工事監理を行います。

リフォーム業界以外の会社には、大手家電量販店、大手スーパー、ホームセンターなどが当てはまります。

リフォーム専業会社や住宅メーカーと同様、自社では設計・施工しませんが、候補の一つとして考えてもよいでしょう。

リフォーム業者を選ぶポイント

リフォーム業者を選ぶポイントに規模は関係ない?!

規模が大きいリフォーム専業会社や住宅メーカーの中には、名前が広く知られている業者も多くあります。

しかし、実際にはリフォームする物件に近い業者が設計・施工します。

したがって、担当者や、実際に設計・施工する下請け業者によってリフォームの成功・失敗が左右されます。

規模が大きいからとか、大手だからといった理由ではなく、担当者の対応、リフォームプランの提案力、施工後の保証などで判断する必要があります。

地域に密着した工務店では小回りが利く分、何かあった場合、すぐに対応してくれる可能性もあります。

きちんとした実績があるリフォーム業者かどうか?

希望するリフォームプランを明確にしておく必要がありますが、その希望するリフォームの実績がある業者なのかどうかが重要なポイントになります。

規模が大きいリフォーム専業会社などでは、実際の設計・施工は下請け業者に発注するわけですから、希望するリフォームの実績があれば、たとえ下請け業者が初めての設計・施工であっても、うまく工事監理してくれます。

見極めるためには、リフォームプランの提案の数と質を確認すると良いでしょう。

良いリフォーム業者であれば、納得のいく数と質のリフォームプランを提案してくれることでしょう。

一方、地域の工務店は、リフォーム専業会社などの下請け業者になることもあるため、複数の会社からの下請けを受けており、工事実績が豊富な可能性もあります。

また、横のつながりが強く、場合によっては、希望するリフォームの実績が豊富な業者を紹介してくれる可能性もあります。

費用が安いリフォーム業者は要注意

住宅リフォームをする場合、複数の業者の見積もりを取って比較することは重要です。

住宅リフォームには費用がかかるので、安く抑えたい気持ちは理解できます。

しかし、極端に費用が安い業者には注意が必要です。極論を言えば、複数業者で見積もりを取って、一番安いリフォーム業者への依頼は断るくらいの気持ちが大切です。

複数のリフォーム業者に見積もりを取ると、各社違った条件や形式の見積もりを持ってくるでしょう。

ここで重要なのは、同じ条件で見積もりを比べることです。わからない点があれば、しっかり質問すること、条件を同じにした見積もりを要求することが大切です。

同じ材料で、同じ設備で、リフォームするのに、費用が安いのは、どこかに安い理由があります。

例えば、一部の人材が職人ではなくアルバイトであったり、塗料の調合がおかしかったり、最悪の場合手抜き工事を想定している可能性があります。

業界団体へ加盟しているか?

リフォーム業者の信頼性を確かめる方法の一つとして、業界団体へ加盟しているかどうかを確認する方法があります。

リフォーム業者に関する業界団体は多数ありますし、加盟していることでリフォーム業者の資質や施工能力が全て計れるわけではありませんが、どの団体も消費者への信頼性向上を目的としており、悪質な業者に関わらない助けになります。

代表的な業界団体は次の通りです。

  • 日本住宅産業リフォーム協会
  • 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合
  • ベターライフリフォーム協会
  • マンションリフォーム推進協議会

各業界団体に加盟しているかどうか確認するには、担当者の名刺や、事務所の加盟章などを確認しましょう。

保障やアフターサービスはどうなっている?

リフォーム工事完了後の保証やアフターサービスも、リフォーム業者を選ぶポイントになります。

費用が少し高くても、保証やアフターサービスが納得できるものであれば、選んでもよいでしょう。

保証として最も安心できるのは、国土交通省が指定している保険「リフォーム瑕疵保険」に加入しているケースです。

この保険は、リフォーム完了後に、第三者である検査機関が検査を行い、保険期間に瑕疵が見つかった場合、瑕疵部分の修理費用などが保険金が支払われます。

第三者の検査が行われるので、リフォーム瑕疵保険に加入する業者は、安心できるリフォーム業者と言えます。

また、リフォーム業者や業界団体独自の保証やアフターサービスを受けることができる場合もあります。保証・アフターサービス内容は、様々ですが、数年間施工結果を保証するものが一般的です。

これに加えて、アフターサービスとして定期点検を行うリフォーム業者もあります。

なお、民法上、リフォームも瑕疵担保責任の対象となるため、保証やアフターサービスが無くても、依頼したリフォームに瑕疵があれば、無条件でリフォーム業者に対応を求めたり、損害賠償を求めることが可能です。

リフォーム費用が安くなる理由に、保証やアフターサービスがないことであることが明確で、あなたが納得できるのであれば、選択肢として考えられるでしょう。

リフォームは大きな費用が掛かります。上手にリフォーム業者選んで、あなたが希望した通りのリフォームが完成することを応援しています。

信頼できるリフォーム業者を探すならば、こちらのサイトをぜひご利用ください!

https://rehome-navi.com/

優良企業のみ一括見積ができて、お祝い金ももらえます!

-リフォーム

Copyright© 不動産売るコム , 2017 All Rights Reserved.