リフォーム

リフォームの見積もりの取り方って?正しい業者の選び方を徹底解説

更新日:

リフォームの見積もりの取り方って?正しい業者の選び方を徹底解説

これからリフォームをしようとしている方がまず考える事は、お金のことではないでしょうか。

予算内の金額で理想のリフォームができるのか気になるところですよね。

リフォームを始めるのに1番最初にやることは見積もりを取ることです。どこに見積もりをお願いしたらいいか判断できない人もいるかと思います。

どうやって見積もりをとればいいのか、その際のリフォーム業者選びのポイントは?

リフォーム業者選びを間違えるとせっかくのリフォームが失敗に終わってしまうこともあります。

今回はリフォームをする際に重要な見積もりの取り方と、リフォーム業者選びについて解説していきます。

リフォーム見積もりの取り方

まずリフォームをする前に見積もりを取る必要があります。

そして、その見積もりを取る前にやらないといけないことが、どんなリフォームをしたいのか理想をはっきりさせておく必要があります。

理想をはっきりさせることが難しい方はリフォーム業者の担当者に相談するとはっきりしてきます。

何社からか見積もりをだしてもらう

見積もりを1社だけからしか取らずにリフォームすると、リフォーム金額を高くつけられたり逆に安く手抜き工事をさせられる可能性があります。

その様なことを防ぐ為には何社からか見積もりを出してもらうと、おおよその相場金額が分かる様になります。

何社からか出してもらった見積もりを比べる際に金額はもちろん大事になりますが、その他にも各社の担当者との相性もその後リフォームを依頼する際に重要なポイントになります。

金額だけ出す人もいれば、内訳を細かく丁寧に説明してくれる人、いろいろな担当者がいる中で自分に合った担当者を見つけられるとその後スムーズに事が進むようになります。

見積もりを出してもらう際のポイントに見積もり内容をそろえる必要があります。

例えばキッチンのリフォームをするとして、そもそもシステムキッチンのメーカーが見積もりを依頼した会社ごと違うと見積もりを比較する意味がありません。

そのため、メーカー、型式などを決めて見積もり依頼をする必要があります。

また家全体のリフォームをする場合には、各社でデザインや提案が異なる為必然的に条件が異なります。

なので金額の比較が難しくその際には、予算と理想に近いプランを提案してきたなどで判断するとよいです。

リフォーム業者選びのポイント

リフォーム業者選びは非常に難しく、これといった正しい方法はありません。

それには建築業界の実情が関係していて、新築でもリフォームでも依頼した業者が実際に工事をしていることは少なく、作業依頼した業者の下請け会社が実際に工事をする事が多い為、リフォーム依頼業者=工事作業者にはならないからです。

リフォーム業者の選択

リフォーム業者にはリフォームを専門としている業者はもちろんですが、その他にも業務の中にリフォームが含まれている業者、全く違う業種だけどリフォームを取り扱っている業者もあります。

最近はリフォームとは全く違う業種の会社がリフォームを取り扱う事が多くなってきました。

全く違う業種なのにって思うかもしれませんが、大手リフォーム業者でも自社施工でやているところは少ないです。

リフォーム業者選びで大切なことは、依頼するリフォーム業者が信頼できる業者であることです。

リフォームを取り扱う業者には何種類かあります。

住宅メーカー

新築の住宅の建築・販売を主にリフォームを請け負うのは基本的にそのグループ会社になります。

例えば、積水ハウスは積水ハウスリフォームというように積水ハウスのグループ会社でも、積水ハウスという名前が付いているだけで安心感がありますよね。

ただしその住宅メーカーで建てた住宅を対象としたリフォームしかしていない場合もあります。

工務店

地域の中小規模の工務店は建設業として万能で、建設もリフォームも対応しています。

工務店ではリフォームの依頼内容によって自社で設計や施工を行ったり、設計は他の設計事務所へ、施工は下請け会社へ依頼したりといろいろな形態があるのが工務店の特徴です。

また大手住宅メーカーや設備会社からの受注にも対応していることが多く、メーカーに依頼しても施工は工務店やその下請けになることも多いです。

設計事務所

住宅のデザインを設計したり、お客さんの依頼に対して図面を引く仕事が主です。

建築士によってデザイン性が異なる為に、デザインにこだわった住宅にしたい時は設計事務所をリフォーム依頼候補に挙げるとよいでしょう。

デザインに個性が出る為、自分に合ったデザイン性の設計図を作ってくれる建築士を求める必要がある。工務店の建築士のプランの方が好みという場合もある。

設計事務所は通常施工はしないので、リフォームを受注する側になります。

フランチャイズ

健在・設備メーカーが全国的に施工業者をフランチャイズ化していること。代表的な会社としてLIXILがあります。

全国に多くのフランチャイズ店舗を持つ事で、自社の建材や設備などを使ったリフォーム事業を展開しています。

建材・設備の信頼性は確かですが、施工技術も一定の品質を保たないといけないので、大手住宅メーカーのような安心感があります。

リフォーム業界以外の業者

最近はリフォーム業界の会社のリフォーム業界参入が多くなってきています。

家電量販店、ホームセンター、小売店、家具店、IT関連さまざまな業種がリフォーム事業を始めています。

リフォームを受注するだけで施工は下請けに流すという形になります。

リフォーム業者を選ぶ際に有名な業者を選びがちになるかと思いますが、実際に施工するのはその業者ではないので名前だけで選ぶのは適当ではないといえます。

リフォーム業者選びのポイント

その1・・・理想とするリフォームの施工実績があるかどうか

リフォーム業者の知名度よりも大事なポイントがここです。

いくら知名度が高くても自分の理想とするリフォーム内容と違う施工をされたら残念ですよね。

なのでそのリフォーム業者の過去の実績に理想とするリフォーム内容の施工があるかどうか確認する事が大事です。リフォーム業者にも得意不向きがあります。

その2・・・リフォームにデザイン性を重視したいなら設計事務所へ

大手メーカーよりもデザインや間取りの自由が利くのは設計事務所です。

ただ同じ設計事務所でも全てがデザインを主体にやっているわけではないのでそこを判断しなくてはいけません。

住宅全部の大規模リフォームを依頼するなら設計事務所でもいいかもしれませんが、キッチンのみなど小規模のリフォームをするのに設計事務所へ依頼しても建築士の力を活かすことは難しいと思います。

その3・・・見積もり比較での注意点

リフォーム業者選びで1番気になることは、予算と見積もり金額だと思います。

見積もり比較をして安いからという理由だけで決めて失敗したという話はよくあります。

上記見積もりの取り方でも説明しましたが、見積もりを何社からか出してもらう場合は条件をそろえておく必要があります。

その上で見積もりを比較して判断します。

同じ広さ、同じ設備、同じ種類の建材などリフォームに使われる材料の種類は同じでも金額に差があると思います。

そこで気をつけないといけない点が、見積もり金額の高い会社と低い会社です。

おおよその平均よりも見積もり金額が高い会社はどこかに過当な利益の上乗せが考えられますし、逆に見積もり金額が低い会社は手抜き工事の可能性があります。

しかしこれは手抜きではなく、本当に安い場合もあるので判断が難しいので、安全圏でリフォームをしたいのであれば除外するのがよいでしょう。

その4・・・リフォーム業者の信頼性

リフォームを依頼する際にはその業者が本当に信頼できるか判断が難しいですよね。

ではリフォーム業者の信頼性を判断するポイントはどこかといいますと、過去の施工実績と業界団体へ加入しているかどうかです。

リフォーム業者が業界団体に加入していないからといってその業者の能力が低いわけではありません。

業界団体はリフォーム業界の発展、消費者への信頼を向上させる為に設立しているので、業界団体に加入している業者は少なくとも悪徳業者であることはないという意味にもなります。

なので、業界団体に加入しているかどうかはリフォーム業者選びでも重要なポイントになります。

その5・・・アフターサービス

アフターサービスはリフォーム業者により内容が異なります。

アフターサービスの内容によりリフォーム金額にも差が出てくると思うので、よく内容を確認しましょう。

またリフォーム瑕疵保険に加入しているかどうかも重要項目です。

この保険に加入しているとリフォーム完了後に第三者による検査が入ります。第三者なので信頼できる検査結果を受ける事ができます。

まとめ

リフォーム業者選びには正しい正解はなく、ひとりひとり重視するポイントが異なる為それぞれの希望に合った業者を選ぶ必要があります。

ただ、安いというだけでリフォーム業者を選ぶと失敗する事が多いです。

リフォームは高い金額を支払い、その後長い期間を過ごす大事なことです。

普通の人はリフォーム工事について全くの素人です。

リフォーム業者の人に工事内容の説明を受けた時はきちんと理解して納得のいくまで質問したりしましょう。

分からないままだと工事完了した時に満足のいくリフォームにならなくなってしまいます。

自分のイメージしているリフォームが完璧にできるというわけでもないと思いますが、自分のイメージ通りになるようにデザイン、金額含めリフォーム業者を選ぶことが大事です。

-リフォーム

Copyright© 不動産売るコム , 2017 All Rights Reserved.