リフォーム

中古マンションのリフォームにかかる費用は?新築戸建てと比較するとどっちがお得?

更新日:

中古マンションのリフォームにかかる費用は?新築戸建てと比較するとどっちがお得?

今、1戸建ての家の空や問題が取りざたされていますが、マンションは人気が高いです。

中古マンションでも立地条件などが良ければ、資産価値が下がらない場合も多くあります。

中古マンションと新築マンションを比べるとどちらが良いのでしょうか?

中古マンションをリフォームする場合、築年数や費用などはどのようになっているのかご紹介します。

中古マンションはどれくらいでリフォームが必要?

中古マンションは、新築で購入した場合と中古で購入した場合で若干異なりますが、消耗品などのメンテナンスが5年に1度、細かいリフォームが10年から15年に1度と考えておきましょう。

10年に1度は、リフォームだけではなく、住宅設備も点検し交換した方が快適に安全に暮らせます。

10年から15年ほど経過したら次のようなリフォームや機器の交換を考えてください。

  • 壁紙の張替え
  • ガスコンロや給湯器の交換
  • 食洗器や換気扇の交換
  • ユニットバスや便器の交換
  • 洗面台の交換
  • 間取りの変更
  • 床の張替え
  • 電気温水器の交換

これらのリフォームや機器の交換は1度に行うと引っ越さなくてはならなくなります。

数年間にわたって計画的にリフォームや機器交換を進めると無理なく中古マンションのリフォームができるのです。

中古マンションの築年数

皆さんはマンションの建て替え寿命をご存知でしょうか?

一般的には、築年数が30年から40年経った場合、立替になることが多いのです。

マンションは鉄筋コンクリートなので、木造住宅よりは建て替え寿命が長くなります。

それでも、築年数が30年も経つと壁に亀裂が入ったり、鉄の部分が錆びてきたりするのです。

新築でマンションを購入したとしても年数が経つ事によって傷みが生じてきます。

この時、きちんと修理やリフォームを行うかどうかが生活の快適性に繋がるのです。

間取りのリフォームと注意点

例えば、中古マンションに引っ越して来た当初子供が小さく2LDKで良かったけど、大きくなってもう一部屋欲しいという事になったとします。

マンションを購入している場合、簡単に買い替えるという事もできませんが、生活シーンに合わせてリフォームすることは可能です。

リビングなどの間取りを狭くして部屋を増やせますので、専門業者に見積もりをもらいましょう。

この時の注意点が2つあります。

一つは、マンション専門のリフォーム業者に頼むことです。

普通の建築会社や工務店でもリフォームを行っている所がありますが、マンションのリフォームというと戸惑うことがあるでしょう。

後でトラブルにならない為にもマンションの施工例が多いマンション専門のリフォーム業者に依頼しましょう。

もう一つは、ご近所への挨拶です。

間取りの変更は昼間でもかなり音がうるさい事もある為、ご近所に迷惑をかけます。

お菓子を持って隣はもちろんですが、上下階の人にも挨拶しておくとご近所トラブルが減らせるでしょう。

中古マンションをリフォームするメリット

中古マンションは経年の使用でどうしても傷んでしまう箇所があり、定期的にリフォームした方が良いと言われていますが、メリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 簡単なリフォームなら引越し不要
  • 短期間の工事で終わる
  • 生活の利便性が向上する
  • 予算でリフォーム内容を選べる

特に中古で購入したマンションならば、購入して数年程で最初のリフォームをしたほうが良い場合もあります。

日頃から少しずつメンテナンスや修理、プチリフォームをしておけば大掛かりなリフォームが必要ない事もあるでしょう。

短期間のリフォームによって飛躍的に生活がしやすくなることも中古マンションのリフォームにおいては重要です。

どうやって中古マンションをリフォームすれば良いのか?

中古マンションでリフォームをしようと思い立ったとき、どのようにすれば良いのでしょうか?

業者の探し方や見積もりの比較、リフォームの範囲によって異なってくる内容をご紹介しましょう。

良いリフォーム業者を探す

中古マンションをリフォームする際に一番重要なのが、良いリフォーム業者を選ぶ事です。

マンションリフォームは、1戸建ての家をリフォームするのとはリフォームの仕方が違います。

その為、マンション専門のリフォーム業者にお願いした方が良いでしょう。

マンション専門のリフォーム会社をネット検索する事で見つかりますが、できれば口コミなどで地元のリフォーム業者を探すようにすると良いでしょう。

何か問題が起こった時もすぐに対応してもらえますし、相談などもしやすいので、ネットと口コミどちらからもアプローチして相談してみてください。

リフォーム査定などの対応で業者を選べば、失敗する事も少ないです。

見積りを取って比較する

リフォーム業者を2社から3社程選んだら、必ず見積りを取ってください。

見積りで大事なポイントは、リフォーム内容ごとに料金が表示されているか?という所です。

よく、リフォーム工事一式などとまとめて金額を出していることがありますが、これでは複数個所リフォームする際にどこがいくらなのか全くわかりません。

他社との比較もできないので、細かい内容も見積りに明示してもらうようにしましょう。

長く住むかどうかでリフォーム範囲を決める

中古マンションをリフォームする際は、この先、どれ位までそのマンションに暮らすかも考えた方が良いです。

例えば、築20年の中古マンションを数百万円かけてリフォームしても、住めるのは後10年ちょっとです。

先の事も見越して、生活に困らない程度でリフォームを行い、引っ越しや次のマンション購入費用にあてた方が良いでしょう。

まだ、築10年程のマンションならば、後20年くらいは住むかもしれませんので、リフォーム費用をある程度かけても良いのです。

このように、先の予定もある程度頭に入れてから中古マンションのリフォームを行った方が良いでしょう。

中古マンションのリフォーム費用

中古マンションのリフォームで一番気になるのが費用です。

中古マンションのリフォーム費用はどれ位かかるのかご紹介します。

リフォームの相場は?

中古マンションのリフォームを考える時、一体どれ位の金額を用意すればいいか?悩むところです。

リフォームと言ってもピンからキリまでですが、築10年から15年の中古マンションをリフォームする場合、大体の相場が50万円から150万円の間です。

壁紙や湯沸かし器、洗面所のリフォーム程度なら50万円程で充分ですが、床板の張替やバスルームのリフォームなど大掛かりになると100万円以上になることも珍しくありません。

大掛かりになると、リフォーム代金だけではなく、リフォーム中にホテルや賃貸に住む費用などが必要になる為、更に費用がかかります。

新品同様にする場合、数百万円程の費用がかかることもありますので、どの程度までリフォームするのかを最初に決めた方が良いでしょう。

リフォーム費用を抑えるポイント

リフォーム費用をできるだけ抑えたい人は、必要最低限な場所のみのリフォームを検討してください。

リフォームしたい場所はたくさんあるけれど、予算の関係で一度にできない事もあるのです。

そんな時は、毎年、1か所ずつリフォームしていくなど、工夫する事で実現できます。

リフォーム業者と交渉して値切るのもリフォーム費用を抑えるポイントです。

見積りをもらったら、1度は必ず値切った方が良いでしょう。

数万円位安くなることもありますので、試した方が良いです。

新築マンションと中古マンションの比較

中古マンションに住んでいる人の中には、中古マンションをリフォームするより、新築マンションを購入した方が良いのではないか?と思う人がいます。

新築マンションと中古マンションのリフォームでは、どちらが費用的に良いのでしょうか?

費用面や利便性などの観点から比較してみます。

どちらが費用的に安いのか?

中古マンションのリフォームをしようか悩んでいる人の中には、新築マンションの方が良いのではないかと思う人もいます。

確かに、新築マンションは、設備や室内も新しいですし、女性には人気です。

しかし、費用的には中古マンションのリフォームの方が安くなります。

なぜなら、新築マンションはローンの金利や固定資産税を払う事を考えるとかなり割高になるからです。

中古マンションだと、すでに支払いを終え、マンション管理費のみ払っている人も多いです。

新築なら、かなり長い間マンション費用を払っていくことになりますので気を付けましょう。

新築マンションの費用をシミュレーション

新築マンションへの住み替えを検討されている中古マンション在住の方は、引っ越した場合のシミュレーションを考えてみましょう。

まずは、新築マンションの購入資金が必要です。

一般的には頭金を数百万円から数千万円とマンションのローンで支払います。

中古マンションに住んでいる時より数万円から10万円近くローンが増える人もいるでしょう。

今の中古マンションからの引っ越し費用などで30万円程かかることがあります。

他にも電化製品や家具の購入で100万円程必要な事もあるでしょう。

中古マンションのローンを完済しているなら売る事もできますが、完済していないなら、完済してからしか売却する事はできませんので注意しましょう。

まとめ

中古マンションは、購入金額も新築に比べると安く、築年数がそんなに経っていなければ長く住むことが可能です。

定期的な中古マンションのリフォームをすることで快適に生活する事もできます。

リフォーム業者を決める前には、できるだけ複数業者を比べ、安心して任せられるならリフォーム後も快適に暮らせるのです。

無理の無い支払いが中古マンションならできますので、どうしてもリフォームしたい所を選ぶ事から始めてください。

-リフォーム

Copyright© 不動産売るコム , 2017 All Rights Reserved.