リフォーム

トイレリフォームにかかる費用とおすすめ業者の選び方とは?

投稿日:

トイレリフォームにかかる費用とおすすめ業者の選び方とは?

家の中でリフォームしたい場所で、トイレを上げられる人も多いのではないでしょうか?

普段、家の中でもよく利用する場所ですし、お客様が使う事もあるので気を使う場所です。

トイレリフォームをするにはどれくらいの費用がかかるのか?業者を選ぶにはどのようにすれば良いのかなどをご紹介します。

トイレ備品の寿命とリフォームについて

トイレは、その家を表す一番小さな部屋だと言われますが、家の築年数が進み、リフォームを検討されている方も多いのではないでしょうか?

こちらでは、トイレ備品の寿命やリフォームのメリット、施工日数などについてご紹介します。

トイレ便器の寿命は?

トイレの便器等は、壊れないと思っている人がほとんどですが、使い方によっては故障を起こす事が多く、水が漏れたり詰まったりすることもあります。

トイレタンクの中は、使い続ける事で交換が必要になってくるものも多く、古くなってくると水の流れ自体が悪く、汚物が流れなくなるケースもあるのです。

一般的にトイレ便器の寿命は10年から15年といわれ、それ以上になると、黒ずみや黄ばみなどが出てくる為、交換した方が良いとされています。

ただし、黒ずみや黄ばみなどトイレの汚れが気にならず、故障も無ければかなりの期間使用する事は可能です。

ずっと汚れや使いづらさを我慢してトイレを使うより、リフォームして快適にしたいという人が、寿命が来るまでに工事をされています。

トイレリフォームのメリット

トイレリフォームの必要性を感じていない方が多いですが、メリットにはどういうものがあるのでしょうか?

トイレリフォームのメリットには次のような事が上げられます。

  • トイレの安全性が向上する
  • トイレが使いやすくなる
  • トイレ掃除の回数が減る
  • 明るくなり健康チェックができる
  • トイレの故障が少なくなる

他にもトイレリフォームのメリットはたくさんあります。

例えば、部屋からトイレに行くとき段差があると、慣れない人は足をひねったり、慣れている人でも転んでしまったりする可能性が高くなっていました。

トイレの段差をなくすだけでこのようなケガの防止になり、安全性が高くなるのです。

他にも、北向きで暗いトイレの家も多いですが、照明を増やすことで明るく快適になることも多いですし、便器の機能で水が飛び散らなくなることもあるでしょう。

快適になるだけではなく、掃除の手間が減るのでトイレリフォームをして良かったという人が多いようです。

トイレリフォームの施工日数

トイレリフォームの際に施工日数が何日ぐらいかかるのか、気になる所です。

一般的な家庭のトイレで1つだと、半日から1日でリフォーム完了します。

古い便器を取外し、新しい便器を付け、水の流れを確認し、様々な機能が正常に動くかどうか見るのがリフォーム内容となるので、そんなに時間はかからないのです。

ただし、便器やトイレタンク以外の壁紙、トレイコーナー、換気扇などの備品をリフォームする場合は、2日程かかることもあるでしょう。

男女別のトイレもリフォームに数日かかることがあるので目安の日数を確認してください。

トイレのリフォーム業者を探す方法

トイレのリフォームで重要なのが業者の探し方です。

良い業者と契約し、トイレリフォームを行えば、トイレリフォームが成功する事はほぼ間違いありません。

こちらでは業者の探し方や良い業者の見分け方をご紹介します。

折り込みチラシでトイレリフォーム業者を探す

できれば、トイレリフォームは、折り込みチラシなどである程度の情報を集めてから業者を決めた方が良いです。

大体の金額や便器の種類、オプションの金額なども判るので、トイレリフォームのチラシがあれば取っておいて比較してください。

大手トイレメーカーから探す

日本には、大手のトイレメーカーが複数あります。

それぞれのメーカーによって、特徴も金額も異なりますので、見比べるのも良いですし、メーカーを決めているようならリフォーム業者を決めるのも早くなります。

まずは、メーカーの展示場に行って相談してみると、とんとん拍子に話が進んでいくでしょう。

気に入った商品から探す

現在、テレビコマーシャルなどでトイレのリフォームや便器の宣伝が行われています。

そのような宣伝を見て、気に入った商品がある人も多いです。

気に入った商品を取り付ける前提でメーカーに連絡を取ってみてください。

予算と施工が可能かどうかすぐに判るので迷わなくて済むでしょう。

良いトイレリフォーム業者とは?

良いトイレリフォーム業者は次の様な特徴があるので選ぶポイントになるでしょう。

  • 強引に押し売りしない
  • 見積りをすぐに出してくれる
  • トイレ工事一式などと内容をごまかさない
  • 連絡が取りやすく打合せに応じてくれる
  • 価格交渉をしっかり反映してくれる
  • 納期や工事内容など詳しく説明してくれる

このような業者は信頼でき、リフォームをお願いしても間違いありません。

逆に強引に高いトイレを勧めたり、見積り内容をごまかしたりする業者は悪い業者ですので、見積り時点で断った方が良い場合もあります。

トイレリフォームはいくらぐらいかかるのか?

トイレリフォームの際に、どれ位の費用がかかるのかで決める人もいます。

こちらでは、トイレリフォームの相場や費用、最新トイレの機能についてご紹介しましょう。

トイレリフォームの相場

トイレリフォームは、内容によって相場が大きく変わります。

トイレの便器だけの交換ならば、かなり安くで行える場合も多いでしょう。

しかし、便器だけではなく、トイレ一式のリフォームとなると異なりますし、便器も高い物は30万円以上することがあります。

一般的なトイレリフォームの相場は50万円前後が多いです。

便座だけの交換費用

トイレリフォームでポイントになるのが便器ですが、リフォームを便器限定にするケースも見られます。

安くトイレリフォームされたい方は、安い便器を選ぶ事が多いのですが、使い勝手が悪い場合もあるので、便器選びは慎重に行いましょう。

便器の交換だけですと、10万円以下でトイレリフォームができる場合もありますが、あまりにも安い便器は故障や割れたりする可能性も高まります。

15万円から20万円以内で便器だけのリフォームを行う事ができますが、それだけでかなりトイレの雰囲気が変わることも多いです。

最新トイレ便器の機能と価格

最新のトイレには次のような機能があります。

  • 節水機能(以前の3分の1の水を使用)
  • 洗浄機能
  • 自動お掃除機能
  • おそうじリフト
  • 抗菌シャワー
  • トイレ内除菌
  • 泡洗浄機能
  • タンクレス

他にもトイレは日々進化していて様々な心機能が増えているのです。

このような機能が付いているトイレは、便器だけで30万円程します。

タンクレスでこのような機能が付いていない便器だと20万円程だと考えて良いでしょう。

予算に合わせて高機能便器を選ぶのもトイレリフォームではおすすめです。

トイレリフォームでの注意点

トイレリフォームで一番注意しなければならない事は、トイレの安全性が高く清潔で快適に使用することができるという事です。

次のような事を注意しておかないと安全性や清潔面が損なわれます。

トイレ入口に段差がある

トイレで一番重要だと言われるのが安全面です。

特に高齢者の方が家にいらっしゃる場合、トイレリフォームを考えるケースも多いのですが、段差など危険な箇所があるならば、すぐにリフォームした方が良いでしょう。

たまたま遊びに来た人がトイレの段差でケガをすることもあるので、リフォームを検討してください。

床や便座が濡れている

トイレリフォームの失敗例で多いのが、場所が狭くタンクに手洗いが付いているタイプで、水が垂れたり漏れたりするケースです。

床や便座が濡れていると転ぶ原因になることもあるので、手洗いと手拭きの位置にも気を配りましょう。

デザインより機能性を重視する

トイレのデザインにこだわり過ぎて失敗する人も多いです。

特に、防水性や耐アンモニア性が無い床などを選んでしまうと、リフォームしたのに数年で色が変わってしまう事もあるでしょう。

先々その材料だとどのようになるのか専門家の話を良く聞き、デザインより機能性を重視する事がトイレリフォームに成功する秘訣です。

まとめ

家のリフォーム箇所は多いですが、せっかくトイレをリフォームするならば、快適に安全に清潔感のある場所にできるかどうかがポイントになるでしょう。

いくら、安くリフォームができても使いづらかったり暗すぎたりすると、トイレに入るのが億劫になります。

いつ、お客さんが来ても気持ちよく使っていただけるようなトイレを目指してリフォームすると、普段使いのトイレとしても合格点になります。

トイレメーカーの展示場をめぐれば、理想のトイレを見つける事もできますので、まずは出かけてみてみると良いでしょう。

-リフォーム

Copyright© 不動産売るコム , 2017 All Rights Reserved.