不動産購入

分譲マンションを購入または賃貸で借りるなら将来的にどっちがいい?

更新日:

分譲マンションを購入または賃貸で借りるなら将来的にどっちがいい?

分譲マンションを購入か賃貸で借りるかで迷っている人も多いのではないでしょうか?

収入や現在の支出、将来的な予定などで購入をあきらめ、賃貸にする人もいらっしゃいます。

しかし、将来を考えると安易に賃貸にしない方が良い場合もあるのです。

こちらでは、分譲マンションの購入か賃貸で借りるかをメリット・デメリットやどちらかに決めるポイント、注意点などに分けてご紹介します。

分譲マンション購入のメリット・デメリット

分譲マンションを購入しようか迷っているなら、メリット・デメリットを知っておいた方が良いです。

分譲マンションのメリット・デメリットを知ることで購入するかどうか参考になります。

分譲マンション購入のメリット

分譲マンションを購入すると次のようなメリットが考えられます。

  • 自分の好きな内装や設備を付けられる
  • 資産価値がある
  • 支払保証が付いているので安心

分譲マンションを購入して一番大きなメリットは、自分の資産になるという事です。

住宅ローンを借りて購入した場合、万が一契約者に何かあったら支払保証の保険が付いていますし、分譲マンションを担保にしてお金を借りる事もできます。

また、分譲マンションの内部を自分の思うような機器やインテリアにできるのも魅力的です。

分譲マンション購入のデメリット

分譲マンションを購入すると次のようなデメリットが考えられます。

  • 初期費用が高額になる
  • 固定資産税などの税金負担がかかる
  • 修繕費・管理費などの負担はずっと続く
  • 売却時かなり下がることがある

分譲マンションの賃貸と比べると、購入する場合、初期費用がかなり高くなります。

分譲マンションの購入費用は住宅ローンで借りることができますが、頭金や引っ越し費用、その他の初期費用は借りられません。

また、分譲マンションを売却するまでは、固定資産税がずっと掛かるという事も考えておいてください。

分譲マンションの広さや場所によって、かなりの金額の税金がかかります。

いざ、資産として売却しようと考えても、値下がりしてかなり安くでしか売れない事も多いのです。

分譲マンションを購入するリスクも頭に入れておきましょう。

分譲マンションを賃貸で借りる時のメリット・デメリット

分譲マンションを賃貸で借りるかどうか迷っているならば、メリット・デメリットを比較してみましょう。

メリット・デメリットを比較する事で賃貸するかどうかの資料になります。

分譲マンションを賃貸で借りる時のメリット

分譲マンションを賃貸で借りると次のようなメリットが考えられます。

  • 引越しが容易(手続きも購入より簡単)
  • 家族に合わせて賃貸物件を変えられる
  • 初期費用が安い
  • 税負担が無い
  • 修繕費などはかからない

分譲マンションを賃貸で借りる場合、敷金や礼金、前払家賃などを払えば、すぐに他の所に引越しができます。

家族に合わせて物件を変える事もできる為、進学や就職、独立などで年収に合った分譲マンションを選べるので経済的です。

税金を別で支払う必要もありませんし、修繕費も家主負担になります。

分譲マンションを賃貸で借りる時のデメリット

分譲マンションを賃貸で借りると次のようなデメリットが考えられます。

  • どのような状況でも賃貸費用が必要
  • 家の改装やリフォームができない
  • いくら賃貸費用を払っても自分の物にならない

分譲マンションの賃貸は、購入より手軽ではありますが、家庭の事情がどうであれ賃貸費用がかかります。

家の改装なども容易には行えず、いちいち家主の許可が必要になるのです。

また、何十年同じ分譲マンションの家賃を払っても、自分の資産にはなりません。

収入が減って分譲マンションの賃貸費用が払えないなら、もっと安い物件に引っ越さなければなりません。

引越しする度に引越し費用がかかります。

分譲マンション購入の初期費用に比べれば少ない金額ですが、ちりも積もれば山となるで、トータルするとかなりの金額になるのです。

分譲マンションの購入か賃貸で借りるかを決める方法

分譲マンションのメリット・デメリットを比較したうえで購入か賃貸で借りるを決めても良いのですが、更に迷ってしまう場合もあるでしょう。

分譲マンション購入か賃貸かで将来的な部分が決まることもありますので、次の方法を参考にして決めてください。

将来設計をして考える

分譲マンションを購入か賃貸で借りるかで迷っているなら、まずは、将来設計をしてみてください。

ポイントは、分譲マンションを購入した場合に借りる住宅ローン返済の期間です。

住宅ローンを借りる場合、最長の35年ローンを組む人が多いのですが、35歳で住宅ローンを組んだとしても70歳で払い終わる事になります。

現在は共働きで収入に余裕があったとしても無理のあるローン支払いをすれば、将来的に破たんする事もあるのです。

賃貸の場合は、気楽に考えている人が多いですが、どんなに賃貸費用を払った所で自分の物にはなりません。

賃貸なら資産価値も無いので、いざという時の手助けにならない事も考えて、購入か賃貸で借りるかを決めてください。

資産価値を考えて決める

分譲マンションによっては、駅から近く人気があり、売却すればすぐに売れるような物件があります。

このような分譲マンションは、資産価値が高いので購入した方が良い場合もあります。

逆に、ちょっと不便だけど収入にも合っていて条件の良い所は、売れる可能性低めなので購入せずに借りた方が良いのです。

例え、売却の分譲マンションであっても交渉次第では賃貸で貸してくれることもあります。

希望の分譲マンションがあるならば、資産価値を参考にして購入か賃貸で借りるかを決めると良いでしょう。

家族に合わせて決める

例えば、家族が多いけど子供に部屋を持たせたいと考えているとしましょう。

一戸建ては難しく、分譲マンションを購入か賃貸で借りるかで悩んでいるならば、購入した方が良いのかもしれません。

なぜなら、分譲マンションの賃貸の場合、自由に室内を改築することができないからです。

購入ならば、狭くてもリフォーム可能なので、部屋を間仕切ることも可能になります。

子供が大きくなって独立したら間地切った部屋を元に戻す事もできるのです。

家族に合わせて変更しやすいのも、分譲マンションの購入か賃貸で借りるかの目安になります。

【分譲マンションを購入か賃貸で借りる時の注意点】

こちらでは、分譲マンションを購入か賃貸で借りる時の注意点についてご紹介します。

不動産業者によって得意不得意がある

分譲マンションを購入する際、新築なら別ですが、中古物件を購入賃貸する場合は、不動産業者に気を付けなければなりません。

どうしてかというと、不動産業者には得意不得意があるからです。

不動産業者は、売却が得意で成約件数が多い所や賃貸物件を数多く取り扱っている所がおすすめです。

どちらにしても、分譲マンション取扱件数が多く、様々なケースに慣れているのでスムーズに購入や賃貸ができます。

できるだけ複数の業者の分譲マンションを見て、内覧なども何度か行ってから購入か賃貸で借りるかを決めてください。

不動産査定サイトを活用する

分譲マンションを購入する際に、とても役に立つのが不動産査定サイトです。

不動産を売却する時ばかりではなく、最近では分譲マンションの購入や賃貸を取り扱っている不動産一括査定サイトもあります。

ネットでいつでも物件を見られ、相談できるので安心です。

中には、分譲マンションの購入価格をかなり抑えられるサイトがあるので活用してみるのも良いでしょう。

ファイナンシャルプランナーに相談してみる

どんなに分譲マンションの購入を望んでいても、収入に合っていない物件を購入すれば、後で困ることが多いです。

まずは、自分にどれ位の収入があって、住宅費にどれくらいかけられるかを計算してみましょう。

計算がなかなかできない場合は、ファイナンシャルプランナーに相談してみるのも良いです。

ファイナンシャルプランナーは、今の収入や将来支払う税金、費用などから、アドバイスしてくれます。

分譲マンションを購入しても無理があるようなら賃貸で借りる方を勧められるのです。

プロが計算して難しいと判断されれば、分譲マンションが購入できないという事もあるかもしれません。

しかし、先々無理をせず賃貸にしたことが良い結果になることもあるのです。

まとめ

分譲マンションを購入か賃貸で借りるかで迷う人は多いです。

しかし、今すぐ決める理由が無いならば、とりあえず賃貸で分譲マンションを借りて、余裕があれば購入し金を貯めるというプランもあります。

ある程度の頭金があれば、月の支払も楽になりますのでおすすめです。

分譲マンションを購入か賃貸で借りるか迷うなら、無理の無いプランを選ぶ事が最も重要な事になります。

-不動産購入

Copyright© 不動産売るコム , 2017 All Rights Reserved.