空き家活用

リロケーションとは?家を貸すまでの流れと実際の評判!

投稿日:

リロケーションとは?家を貸すまでの流れと実際の評判!

リロケーションという言葉を初めて聞いた方も多いと思います。

転勤や海外赴任が決まった時に、家を留守にしたままはもったいから留守の間だけ誰かに貸して、家賃収入を住宅ローンの返済に充てれたらいいなと考える人のために、留守中の一定期間だけ人に家を貸す方法をリロケーションといいます。

一軒家だと人が住んでいないと傷みが早くなってしまうので、誰かに住んでもらってしかも家賃収入まで得られる方法があるなんて凄くいい!と思う人もいるのではないでしょうか。

それと同時に他人に大切な家を貸すのは不安が沢山ありますよね。

今回はリロケーションとは何か?から家を貸すまでの流れを説明していきます。

リロケーションとは?

転勤や海外赴任、その他の理由で家を離れなくてはならなくなった時に、家を売りたくはないけど空き家にしておくのはもったいないし傷みが早くなるから嫌だなあと思うこともあると思います。

仮に空き家にしておいたとして、自分は住んでないのに住宅ローンも税金も払わなくてはいけないですよね。そんな時に一定期間だけ家を貸すことをリロケーションといいます。

賃貸として貸す期間を最初に決めておくことで、自分がまた家に住めるようになった時に住めるようになります。

リロケーションと普通の賃貸の違いは?

リロケーションと普通に貸すのは、同じ貸すでも大きな違いがあります。

それは、賃貸契約期間が決まっていることです。

普通の賃貸は契約時に居住年数は決めないですよね?更新したければいくらでも更新して住み続けることができます。

それに比べてリロケーションは賃貸の契約時に契約年数を決めておきます。

そうする事で期間満期になったら確実に退去してくれます。なのでその後は自分が住むことができます。

リロケーションをやるにはどうすればいいの?

リロケーションっていいじゃん!さっそくやりたいけどどうすればいいの?

ここからはリロケーションの流れを説明していきます。

リロケーションの委託先を探しましょう

家を人に貸して家賃収入を得ることを特別な資格もなく、自分でやることは法律違反にはなりません。

なので、委託先の業者を探さなくても自分でリロケーションをすることはできます。

しかし、入居者の募集から規約の作成や家賃回収入退去時のトラブルなど自分でやるには難しく大変な事が沢山あります。

海外転勤などで近くにいられない場合は特に管理なども大変になります。

なのでプロの専門家に任せた方が安心ですね。

委託先にはリロケーション専門の会社かリロケーションを得意とする不動産会社を選ぶとよいでしょう。

ネットでも一括でリロケーションの相談ができるサイトがあるので活用してみてください。

家を貸すまでの流れ

リロケーションの委託先が決まったら、実際に家を貸すまでになにをするのか説明していきます。

  • リロケーション委託先決定
  • 入居者の募集条件の決定
  • 入居者の募集
  • 家のリフォームが必要な場合はリフォーム
  • 委託先の「賃貸借契約」締結
  • 入居開始

実際に家を貸すまではこんな流れになっていますが、委託先が決まってしまえばほとんどお任せで大丈夫なので難しいことはないです。

ですが、委託先との契約(手数料など)はきちんと確認した方がよいでしょう。

後は家賃の回収や税金の納付など委託先でやってくれますので、安心です。

また退去時も物件の状況をチェックして破損などないか確認してくれます。

委託先会社がやってくれること

実際にリロケーションの契約をして何を会社でやってくれるのか。以下にまとめました。

  • 入居者の募集
  • 家賃の回収
  • 入居者からのクレーム対応
  • 定期巡回
  • 税金の納付
  • 契約期間満了時の入居者との退去処理

これは1つの例です。会社などにより変わりますので確認してください。

一ヶ月の収入

一ヶ月の収入がどれくらいになるかきになりますよね。収入を支出の内訳は簡単にすると以下になります。

  • 収入:家賃
  • 支出:委託先へ払う費用、税金

家賃からもろもろかかる費用を引いた金額が一ヶ月の収入になります。

家賃は相場よりも安く

リロケーションの物件は数年しか住めないため、家賃は相場よりも安く設定します。

契約更新をすれば何年も住める物件と数年しか住めない物件で家賃が同じなら長く住める方を選びますよね?

入居者確保のためには家賃を相場よりも20%~30%安く設定しなくてはなりません。

一軒家の場合は特に入居者確保が難しくなります。

一ヶ月の支出

家賃の収入は嬉しいですが、会社と契約しているため必ず契約時と契約期間中は支出になるものを支払わなくてはなりません。

以下に支出の例をまとめました。

<契約時>

  • 管理委託申し込み料
  • 契約事務手数料
  • 広告用写真撮影料
  • 入居者決定時の成約料

<契約期間中>

  • 管理委託手数料(毎月)
  • 定期巡回管理料
  • 納税代行料
  • 契約更新料(毎年)

このほかにも細かくすれば沢山ありますが、1番気になるのは毎月発生する管理委託手数料ではないでしょうか。

この金額は会社ごと%が違います(家賃の何%かが手数料になる)。

税金について

家賃収入を得た場合は、必ず税金をはらわなくてはいけません。

不動産所得として確定申告をします。

しかし不動産所得が20万円以下の場合は確定申告の必要はありません。

不動産所得の計算の仕方は

不動産所得=年間家賃収入の合計-必要経費

となります。
必要経費とは

  • 固定資産税、都市計画税
  • 管理会社に支払う管理費
  • 建物の減価償却費
  • 修繕費
  • 住宅ローンの支払利息
  • マンションの管理費
  • 火災保険、地震保険

があります。

こんなにあったら計算しきれないって思う方いますよね!?

しかしこういった計算も管理会社がアドバイスしてくれるので安心してください。

納税の義務と確定申告が必要になると頭に入れておいてください。

確定申告は親族などに依頼することもできます。

上記必要経費を家賃から引いた金額が一ヶ月の収入になります。

リロケーションの評判

実際にリロケーションを始める前に、リロケーションの経験者の評判って気になりますよね?

いろいろな体験談、口コミなど調べると沢山でてきます。

リロケーションをして良かったこと、悪かったことをまとめました。

<良かったこと>

家賃収入が得られる

リロケーションをすることで、毎月一定の家賃収入を得る事ができ住宅ローンの返済やその他に充てることが出来る。

契約期間終了後に自宅に戻ることができる

リロケーションなら一定の契約期間終了後に自宅にまた住むことができるので、せっかく購入した住宅を手放さなくてもよくなる。

入居者とのトラブルを任せられる

リロケーションに限らずに入居者と家主との間でのトラブルはよくあります。

その際には管理会社が対応してくれるので、直接入居者とのトラブルを対応しなくてはならないということはありません。

住宅の劣化を防ぐことができる

一軒家の方は特に気にするポイントだと思います。

人が生活することで住宅の劣化を防げます。

<悪かったこと>

壁や家具などに傷が付く可能性がある

入居者全員が家を大切に使ってくれるわけではありません。

貸した家に傷が付いたり、汚れて返ってくるということはたまにあります。

入居者の見極めも必要になります。

入居者が決まらず家賃収入が入ってこない

リロケーションは入居してもらいやすく家賃を相場よりも安く設定しています。

それでも入居者が決まらない時は家賃収入が入ってこないのはもちろんですが、空き巣などの被害にあってしまう可能性もあります。

まとめ

リロケーションはまだ多くの方には知られていない言葉ではないかと思いますが、海外赴任される方などにとては大変魅力的なものなのではないでしょうか?

ずっと空き家にしておくと劣化もしますし、悪い事だらけになってしまいますよね。

自分がいない間だけ誰かが住んでくれることで、家の劣化も防げますし家賃収入も得る事ができます。

リロケーションの委託先と入居者条件をしっかり決められれば、よいリロケーションができるとお思います。

大切な我が家を他人に貸すのはいろいろ不安もあるかと思います。

もし何年間か自宅を離れなくてはならない時が来たら、リロケーションという方法を検討してみてください。

-空き家活用

Copyright© 不動産売るコム , 2017 All Rights Reserved.