リフォーム

悪質リフォームの手口と事例をどこよりも詳しく徹底解説!

投稿日:

悪質リフォームの手口と事例をどこよりも詳しく徹底解説!

一見、親切な営業の人が訪問で来られて、リフォームが必要だと言われれば、知識も無いし信用したくなります。

しかし、悪質リフォームという可能性があるので、すぐに契約するのは危険です。

こちらでは、悪質リフォームの手口や具体的な事例などを解説しています。

悪質リフォームに騙されないよう参考にされてください。

悪質リフォームについて

リフォームを考えている時に、リフォーム会社が訪問販売などに来ると、ついつい頼んでしまいたくなります。

しかし、強引なやり方で高額な契約を結ばせようとする悪質リフォーム会社も多いのです。

悪質リフォームとは、どのような事を言うのでしょうか?

こちらでは、悪質リフォームの内容やアプローチ方法についてご紹介します。

悪質リフォームとは?

一般的に悪質リフォームは、最初から顧客との間でトラブルを起こしながら高額な利益を得ようとする業者だと考えてよいです。

具体的には、最初、とても良い感じの業者なのですが、話が進むうちに強引な営業に変わり、最終的には半ば脅迫や強制に近い状態で契約させます。

契約を行ってからは、わざとトラブルを起こして途中でリフォーム工事を切り上げたり、わざと遅延させたり、問題を起こしてリフォーム費用を高く取ろうとするのです。

このような悪質リフォーム会社がたくさんあります。

悪質リフォームのアプローチ方法

悪質リフォームでは、正規の法律を守っていないような場合も多い為、通常の販売経路から離れていることが多いです。

例えば、一般的なリフォーム会社の場合、地元などにあって、お客さんの方から問い合わせがあり、営業が訪問するという事が多いでしょう。

しかし、悪質リフォームの場合は、地元ですでに悪い評判がたっている為、地元では仕事ができず、遠くに訪問販売に行ったり、手あたり次第電話かけたりします。

悪質リフォームのアプローチで多いのが、訪問と電話だとお考えください。

ここで気を付けなければならないのが、訪問や電話などの飛び込みの営業は悪質リフォムを疑った方がよいということです。

飛び込み営業でも良い会社があるかもしれませんが、悪質リフォームの可能性も高いので、いきなり来た人を信用しない方が無難になります。

どんなに興味があっても、一度は断ってネットなどで調べてから連絡を取るようにした方が良いです。

悪質リフォームの手口

悪質リフォームには、パターン的な手口がありますので、似たような業者からアプローチがあるなら気を付けましょう。

特に、強引でしつこい業者は、悪質リフォームの可能性が高いです。

悪質リフォームの手口には次のようなものがあります。

脅迫まがいの言動をとる

よく、悪質リフォーム業者は飛び込み営業を行いますが、リフォームが必要と考えられる家を狙って訪問します。

外観から判断し、築年数を聞いて、半ば脅迫のような言葉を使いながら、家主の危機感をあおるのです。

悪質リフォーム会社の飛び込み営業ですから、ある程度のリフォーム知識などはある為、話を聞いてしまうと、早くリフォームしたほうがよいのではないか?と考えてしまいます。

もっともらしい事を言って契約を交わした後、トラブルを起こして高額請求する業者もいますので、最初から、強引な言動や脅迫まがいの事を言う悪質リフォームは信頼しないでください。

法律に違反している

悪質リフォームの中には、物越しは柔らかいけど、そもそも法律違反をしているような会社があります。

リフォーム自体はそれなりに行ってくれますが、その会社自体が建設業の許可を取っていなかったり、虚偽申請をしていたり名義借りなどで許可を不法に取得していることもあるのです。

素人ではなかなか許可を取っているかどうか判りづらい面もありますので、まずは、どんな許可を持っているか聞いてみて、慌てるようなら、許可を持っていない可能性があるとお考えください。

用意周到に違法な許可を準備している場合もありますが、管轄の役所などに聞けば、許可が本物かどうかすぐ判ります。

建築士や施工管理技士などがどれ位いるかも目安になるので聞いてみると悪質リフォームかどうかの目安になるのです。

リフォーム費用が高すぎる

悪質リフォームと家主の間で一番の問題になるのがリフォーム料金です。

悪質リフォームは、最初から高い金額で契約しようとするため、言葉巧みに高いリフォーム費用を安いと言います。

しかし、他社と比べるととんでもなく高いリフォーム費用のことも多いです。

家のリフォームを考えるようになったら、どの部分をリフォームしたいのか具体的に決めること、リフォーム相場を知っておくと、リフォーム費用が高いという事にも気が付きます。

悪質リフォームから見積もりをもらっても、すぐには契約せず、他のリフォーム業者と比べてみることが大切です。

悪質リフォームの多くは、契約してからトラブルを起こして費用を高く取ろうという所も多いので、まずは、本当に信頼できる業者かどうか徹底的に調べることが契約より先になります。

悪質リフォームの事例

こちらでは悪質リフォームの事例をご紹介します。

どんな手口で悪質リフォームが接触するのか具体的な方法が判るでしょう。

このような業者が家に来たら、悪質リフォームだと考えてください。

無料診断しますに騙されました(Fさん)

女性で高齢のFさんは、自宅にいる際、屋根の無料診断をしますという業者が突然きました。

無料ならという軽い気持ちで点検してもらったら、屋根の状態が最悪だという診断で、いますぐリフォームしないと大変なことになるだろうと言われたのです。

Fさんは断りましたが、しつこく説得され、契約書の書き方まで指導されました。

近所も行うので大幅に値引きすると言いましたが、知人に聞いたら、とんでもない高い金額だと判明したのです。

契約した後だったので、断ろうとしても違約金の話をされて断り切れませんでした。

モニターとして割引すると言われました(Tさん)

ある日、作業着を着た方が、近隣でリフォーム工事があり、モニターになってくれる家を探していると訪ねてきました。

ちょうどリフォームを検討していたので契約したのですが、契約後に様々なトラブルがあり、近隣のリフォーム業者より最終的にかなり高くなったのです。

最初から高い金額でリフォームしようという悪質リフォームだと後から気が付きました。

危機感をあおる言葉を言われました(Oさん)

ある日、リフォーム業者の人が家に来られて「お宅の壁は亀裂が入っていて危険だ」と言われました。

ちょうど大きな地震があり、不安になっていたので契約してしまいましたが、後から知人にあれくらいのひび割れはどこにでもあると言われたのです。

最初から、不安をあおることを言われ、高額なリフォーム費用となりました。

壁の次は屋根をした方が良いと同じ悪質リフォームが来ましたが、その時は建築に詳しい友人にも立ち会ってもらい断ったのです。

最初から、他の人に相談して決めればよかったと反省しています。

悪質リフォームから自分を守る方法

悪質リフォームから自分を守る為には次のような方法を実践してください。

  • 誰かに相談することが大切
  • 簡単に契約しない
  • 第三者に仲介してもらう

悪質リフォームは、高齢者や女性などリフォームの知識が乏しい方を狙って高額なリフォーム費用を請求しようとします。

このような場合、しつこいからとか判らないから契約すると悪質リフォームのおもうつぼです。

まずは、詐欺と同じく誰かに相談し簡単に契約しないことが基本になります。

それでも食い下がってくる業者なら警察や消費者センターなどに相談したり、建築知識がある人に仲介に入ってもらってください。

自分の身を守るのは自分しかいないのです。

まとめ

悪質リフォームは、強引・脅迫する・しつこい・不安をあおるような態度を取ります。

営業がこのような態度だと、会社自体が悪意を持っているとしか思えません

このような業者とは、絶対にリフォーム契約を行わないようにしましょう。

-リフォーム

Copyright© 不動産売るコム , 2018 All Rights Reserved.