不動産一括査定 不動産売却

HowMa(ハウマ)スマート不動産売却の口コミ&評判!メリットやデメリットは?

投稿日:

HowMa(ハウマ)スマート不動産売却

HowMaというウェブサービスをご存知ですか?

HowMaを利用する事で、インターネット上に公開されている膨大な情報を使ったAIによる査定ができ、不動産会社との一般媒介契約が結べます。

HowMaの評判や口コミにはどんなものがあるのでしょうか?

記事の目次

HowMa(ハウマ)とは?

HowMaとは、インターネット上で物件の査定ができ、不動産の一般媒介契約の結べるサービスです。

https://www.how-ma.com/

HowMa(ハウマ)の査定の仕組み

HowMaではAI価格診断というAI(人工知能)を使ったシステムで不動産の査定を行います。

AIによる査定ですから、人間には処理しきれない膨大なデータを使って査定が出来ます。

また、HowMaでは、取引事例や公示表示などの最新データを収集しています。集める範囲は全国からで、件数は一年間で120万件にも上ります。

これだけのデータ量を人間が処理することは難しいですが、AIなら可能です。

HowMaのAI価格診断では、人間には出来ない、大量のデータに基づいた査定をすることが出来ると評判のサービスなのです。

またHowMaのAI価格診断は、AIによる査定ですから、営業マンと話す必要がありません。

営業マンがいませんから、わずらわしい営業電話に悩まされる事もないため、安心して利用できると評判です。

また、インターネットを使った査定ですから、自宅から気軽に申し込む事が出来ます。査定のスピードも迅速です。

ただし、AIですから、実際に現地を訪問して、部屋の様子を見て査定しているわけではありません。

そのため、部屋の雰囲気やパッと見た特徴など、人間の感性を使った判断は出来ないということです。

今の段階では、AIよりも、人間が現地に訪れたほうが正確な査定ができるようですから、HowMaのAI価格診断は、公開されているデータを使って出した、あくまでも目安の価格として考えたほうが良いかもしれません。

HowMa(ハウマ)でできること

HowMaを使うと、具体的には、どういったことが出来るのでしょう?

できること①:査定

前述したように、HowMaを使うことで、不動産の査定が出来ます。査定とは、不動産を売却できそうな価格を、計算して出してもらう事です。

査定でわかること

査定を行うことで、不動産のおおまかな価値を知ることが出来ます。

例えば、自分の持っている家の価値があるのかを知りたい場合などに、査定を行います。

HowMaの査定では、賃料や売却価格を知ることが出来ますので、自己所有の物件を賃貸にしようか、売却にしようか迷っている人にも便利だと評判です。

査定の方法

HowMaでは査定を行う際に、公示価格や取引事例などの大量のデータを収集しています。

査定の申し込み方は簡単です。

HowMaのウェブサイト上の、「無料で査定する」ボタンをクリックし、不動産の情報を画面上から入力します。

「完了」ボタンを押すと、査定金額の表示画面が開きます。このままでは査定金額は「????」で表示されます。

実際の価格を見るには、メールアドレスもしくは、フェイスブック、LINEアカウントでの登録が必要です。

できること②:一般媒介契約

HowMaを使うことで、不動産会社との一般媒介契約を結ぶ事が出来ます。

一般媒介契約とは、土地や家を売りたい人、または貸したい人が、複数の業者と同時に契約を結ぶ契約方法のことです。

一般媒介契約では、複数の業者と同時に結ぶ事から、各社に競争意識が起きます。

そのため、結果的に売主・貸主に有利な条件になる可能性があります。

媒介契約の結び方

一般媒介契約を結ぶ場合は、まず、HowMaトップページの「スマート不動産売却」の項目の「売却を申し込む」をクリックします。

または、HowMaのスマート不動産売却のページから無料申し込みを行うことで、一般媒介契約用の画面が開きますから、開いた画面に郵便番号を入力してください。

「次へ」をクリックして進むと、番地や建物名を入力する画面が出てきます。必要な情報を入力しながら進むことで、媒介契約を結ぶ事が出来ます。

こちらのサイトから、申し込み可能ですので、気になる方はお試しください。

https://sell.how-ma.com/

HowMa(ハウマ)のメリット

HowMaを利用する事で、どういったメリットがあるのでしょうか?

メリット①:しつこい営業が無い

HowMaの査定はAIが行います。また、媒介契約もオンラインでおこなう事ができます。

査定や契約をするために不動産会社にお願いしたり、ウェブ上のシステムを利用すると、利用した後から、しつこい営業電話に悩まされるといったこともあるかと思います。

「査定をしてみたいけれど、また、営業電話がかかってくるかも。面倒くさいな・・・」と思う人もいるかもしれません。

しかし、HowMaの査定は営業マンが担当するわけではありません。そのため、しつこい営業の電話がかかってくることもありません。安心して利用できると評判です。

メリット②:匿名で利用できる

HowMaは匿名で利用することができます。匿名ですから、個人情報漏洩が心配な方も、安心して利用できると評判です。

ただし、査定する際には、ウェブサイトへの登録が必要になります。登録にはメールアドレスやLINEのIDが必要になりますから、これらの情報は入力しなければいけません。

メリット③:スピーディな査定

HowMaのサービスはAIが自動処理で行いますから、とてもスピーディだと評判です。

HowMaのホームページには、約2分で査定が出来る、とうわたれています。

今すぐ、不動産のおおまかな価格を、知りたい方にはオススメです。

メリット④:スマホから気軽に査定ができる

HowMaは、スマホから手軽に気軽に利用できて、とっても便利だと評判です。

査定は2分程度で済みますから、仕事やプライベートの隙間時間に、かるい気持ちで物件の価格を調べる事ができます。

家を売る気はないけれども、「この家って、売ったら、いくらくらいするのかな?」と気になった、というような場合にも、お勧めです。

メリット⑤:人間が見落としがちな情報も見逃さない

AI(人工知能)が査定をいたしますから、人間ならうっかり見落としてしまいそうな、細かい情報も見落とすことがありません。

人間が処理できるデータ量には限りがありますが、HowMaのAIであれば、たくさんの情報をあつかえます。

HowMaは沢山の情報をつかうことにより、人間には出来ない、正確な査定ができると評判です。

メリット⑥:スマホで契約まで出来てしまう

HowMaでは、一般媒介契約の申し込みもスマホで出来てしまいます。

家を売りたいと思ったときに、スマホ片手に気軽に申し込みできますから、チャンスを逃すこともありません。

すぐさま契約の申し込みまでできてしまうところも、HowMaの評判が高い部分です。

メリット⑦:無料で利用できる

HowMaのサービスは無料で利用できます。

そのため、ちょっと物件の価格が気になったようなときにも気楽に利用することが出来ます。

また、査定してみて、良い条件があれば、そのまま媒介契約まで出来てしまいます。

HowMa(ハウマ)のデメリット

このように、HowMaにはいくつものメリットがありますが、デメリットもあります。

HowMaのデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

デメリット①:訪問査定に比べると不正確

HowMaではAIを使って査定を行います。AIが処理しますから、膨大なデータを使って人間には出来ないような精密な査定が出来ます。

しかし、通常、不動産会社などが不動産の査定をする場合には、物件に人間が訪問して、その場の雰囲気や建物の状況を、目で見て確かめてから査定します。

例えば、日当たりや、部屋の雰囲気などは物件を査定するうえで、大切な条件になりますが、これらは実際に人間が訪れて見なければ、分からないことでもあります。

HowMaはAIが、データのみを使って査定する方法をとりますから、人間の感覚による判断できません。

また、不動産業界のプロの方の、長年の勘には、かなり鋭いものがありますが、AIにはそのような勘は働きません。

AIの査定がいくら素晴らしいものだといっても、今の段階では、人間による訪問査定に比べると、AIの査定はまだまだ不正確のようです。

そういったわけで、HowMaの査定では、物件をデータだけで査定した結果、実際よりも高い価格が付く事もあります。

HowMaで高い査定金額が出て喜んでいたけれども、実際の売却時には査定よりも低い価格しか付かない…といったこともあるかも知れません。

HowMaでの査定の結果は、あくまでも、目安程度に考え、本当に売却するときには、人の目を通しての査定もしてもらったほうが確実であるという評判もあるようです。

とはいっても、大量のデータを使ったHowMaの審査にはやはり定評があります。気になる物件の価格が気になった時に、ちょっと査定してみる分には、HowMaはとても良いサービスだと評判です。

デメリット②:入力の手間がかかる

HowMaで査定や契約を結ぶときは、スマホやパソコンから入力する必要があります。

IT機器の操作に慣れている人にとっては、HowMaはおてがる便利で画期的サービスですが、スマホやパソコンが苦手な人にとっては、入力作業に時間がかかるなどして、かえって大変に感じるかもしれません。

デメリット③:使えるエリアが限られている

今のところ、HowMaのスマート不動産売却が使えるのは、東京23区のみです。そのため、地方に住んでいる方には利用できないのが残念です。

これから、利用できる地域が増えることに期待したいものです。

デメリット④:ネット上で公開されている無料情報しか参考にできない

HowMaのAI価格診断は、インターネット上に公開されている、無料の「売り出し情報」のデータを利用して査定をしています。

しかし、不動産屋が実際に査定をする場合には、「成約価格」を参考にして査定を行います。

「成約価格」などのプロ用の情報は、「レインズ」という不動産業専門のシステムに集められています。

プロの不動産屋は、「レインズ」に登録しており、この「レインズ」のデータを使って査定を行っているのですが、「レインズ」はHowMaに対してはデータ提供しておりません。

したがってHowMaでは、不動産屋が査定に使っている「レインズ」のデータは使えません。いくらHowMaが大量にデータ処理できるとは言っても、プロ用のデータが使えないのであれば、不動産屋よりも、精度は落ちてしまいます。

そういった問題から、HowMaの査定は、プロの不動産屋の査定よりも正確さにかけているという評判もあります。

せっかくAIという便利な仕組みが出来たのですから、全ての情報が公開されれば、多くの人がより便利に、より快適に知りたい物件の情報を知ることができるはずです。

しかし、既得権益が情報を公開したがらないのが現状です。今後の動向に期待したいところです。

デメリット⑤:大手の会社の参加が少ない

HowMaのスマート不動産売却を利用している企業は、現在のところ、たったの10社のみです(2018年10月現在)。

さらに、HowMaに参加している企業には、大手会社が少ないのが特徴です。

大手企業との契約を希望している方にとっては、デメリットに感じられるでしょう。

デメリット⑥:営業さんがいない

HowMaはスマホやパソコンで査定や契約が完了できる、とても便利なサービスです。

しかし、わからない事があっても直接担当の営業さんに質問することはできません。

店頭であれば、わからないことは、営業さんに聞くこともできるので、安心ですが、スマホ操作だけで全て完了するHowMaのシステムでは、そうはいきません。

人の助けが必要な人にとっては、営業さんのいないHowMaは少しだけ、安心感に欠けるのかもしれません。

HowMa(ハウマ)の口コミ・評判

実際にHowMaを使った人の口コミや評判には、どんなものがあるのでしょうか?

口コミ・評判①:Aさん 40代の男性

40代男性のAさんは、HowMaを使うことで、希望どおりの条件で物件を売却できて、良かったと語っています。

自分が思っていたよりも、物権が高く査定されたため「本当にこれで大丈夫なのだろうか?」と、心配な気持にもなりましたが、査定の前に相談できたことで、かえって安心して契約できたそうです。

また、当初は媒介契約を結んでいましたが、そのうちの一社を専任契約に切り替えたところ、2週間ほどで物件が売れたそうです。

口コミ・評判②:Bさん 50代の男性

50代の男性のBさんは、以前、別のサービスで一括査定をしたことがありましたが、その後に、営業の電話がかかってきたり、専任契約を結ばせるために査定を高く見積もってきたりしたため、あまり印象はよくなかったようです。

しかし、HowMaのスマート不動産売却は、そのようなこともなく、Bさんはとても、気に入ったようです。

  • 契約までがスムーズ
  • スタッフが話しやすい
  • 会社ごとの査定にばらつきがないため妥当な査定額であること
  • チャットサービスが便利

などのポイントが、特に好印象だったようです。

BさんがHowMaを利用した結果、内件がすぐに決まり、2週間ほどで全て売却できたそうです。

当初予定していたよりも高く売れたと、喜んでいました。

HowMa(ハウマ)はどんな人におすすめ?

ハウマがオススメなのは、どんな人でしょうか?

スマホ・パソコン操作に慣れている人

HowMaは普段からスマホやパソコンを使いこなしている人や、操作になれている人にとっては、とても便利なサービスだと評判です。

査定にかかる時間も短くて住みますから、スマホ一台で、ちょっとした時間に、気になる不動産の価格をチェックできます。

とりあえずおおまかな価格だけ知りたい人

HowMaは、レインズのデータが使えないこと、また、人間の勘を使った査定ができないことから、不動産屋の査定よりも、正確さにかけるようです。

実際の売買の際には、HowMaの査定だけでは、やや、心もとないようにも思います。

しかし、HowMaを使えば、スピーディにおおまかな価格を知ることは出来ます。

したがって、物件の大体の価格を調べるのに使うと良いでしょう。

例えば、所有している物件の、大まかな価格をHowMaで出しておいて、売却か賃貸かを考える材料にするなどの使い方が良いかと思います。

一般媒介を手軽に結びたい人

HowMaを使えば、一度に6社の不動産会社と一般媒介契約が結べます。

しかも、スマホやパソコンの操作で自宅にいながら、手軽に契約が結べてしまいます。

一般媒介契約を考えている人にも、HowMaのサービスはオススメだと評判です。

HowMa(ハウマ)を使ってみよう!

HowMaはスマホやパソコンを使って、AIを使った査定や、一般媒介契約が出来るウェブサービスです。

インターネット上で査定が完了しますから、営業電話がかかってくる必要も無く、気楽に利用できると評判です。

HowMaでは、一般に公開されている、不動産に関する膨大なデータを使って査定を行います。そのため、人間には不可能な査定が出来ます。

しかし、今のところ、AIによる査定は、人間の目と勘を使った査定には敵わないと言われています。

HowMaは手軽にスピーディに査定や一般媒介契約が出来ることから、不動産の価格の目安を知りたい人には便利なサービスだと評判です。

この記事を読んでみて、HowMaが気になったという方は、気軽な気持で利用してみてはいかがでしょうか。

-不動産一括査定, 不動産売却

Copyright© 不動産売るコム , 2018 All Rights Reserved.