不動産購入

マンションと戸建て、いま購入するならどっち?比較した結果は?

更新日:

マンションと戸建て、いま購入するならどっち?比較した結果は?

家が欲しいとお考えの方でマンションと戸建てを悩む人は多いです。

マンションと戸建ては、それぞれメリットとデメリットがありますので、よく検討し、家族にとって理想的な暮らしがどちらでできるのか考えてみましょう。

今回は、マンションのメリットとデメリットを徹底的に比較し、税金面や維持費、管理費、割引の違いについてもご紹介します。

マンションのメリットとデメリット

マンションは、駅から近く立地が良い場所にあることも多いですが、メリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

戸建てに比べると価格が抑えられる傾向があり若い人に人気も高いのですが、デメリットはないのでしょうか?

マンションのメリット

マンションのメリットには次のようなものがあります。

  • 購入価格が安い
  • 交通アクセスが良い
  • セキュリティ性が高い
  • コミュニティに参加しやすい
  • 防音性や気密性が高く快適に過ごせる

マンションは、一定の敷地の中に多くの人が住むため、1部屋の単価を抑えることができ、購入しやすいという面が一番のメリットです。

個別よりも集団生活を好むようなご家族にはうってつけで、ファミリー層向けのマンションもたくさんあります。

立地条件が良い物件が多いので、人気のマンションは数年待ちになる場合もあるのです。

マンションのデメリット

マンションのデメリットには次のようなものがあります。

  • ペットが飼えない
  • 増改築もしにくい
  • 管理費や修繕費などが多い
  • マンション組合などの制約がある

マンションは、戸建てに比べるとマンション組合などでのルールがある為、自由度が低いです。

自分の住まいを自由にしたいという方には向きません。

ファミリー層マンションなどに独身者や高齢者の方が住むと、鳴き声や足音、ピアノの音がうるさいなどの御近所トラブルも多くなります。

また、マンションの係や役員を行わなければなりませんし、管理費や修繕費などの支払が多いです。

戸建てのメリットとデメリット

マイホームに憧れる人もたくさんいらっしゃいますが、マンションに比べ、戸建てはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

マンションの様に密集しているわけではありませんが、戸建てになると自己責任の部分が大きくなります。

戸建てのメリット

戸建てのメリットには次のようなものがあります。

  • 資産価値が高い
  • 増改築がしやすい
  • ペットなども自由に飼える
  • 管理費などの支払が無い
  • マンションより税金が減免される

戸建ては、マンションに比べると資産価値が高いので、ローンを完済した後、戸建てを担保にしてお金を借りる事もできます。

マンションよりも好きに自分の家を増改築することができる為、庭の造園や室内のリフォームを好きな時に行うことができるでしょう。

また、税金面でも戸建ては優遇される事が多いので魅力です。

戸建てのデメリット

戸建てのデメリットには次のようなものがあります。

  • 購入価格が高い
  • 修繕費などは全額負担
  • セキュリティ性が低い
  • 防音性や気密性がマンション程高くない

マンションの場合、マンション価格のみとなりますが、戸建ては、土地と建物を購入する事になり、どうしても購入価格が高くなってしまいます。

築年数によるものや災害時に建物に被害が出ても、自分で全額修繕費を出す事になるのです。

また、マンションに比べるとセキュリティ面が低く、盗難などに合う確率が高くなります。

マンションとは違い、鉄筋コンクリートではなく、木造などの戸建てが多い為、2重窓や防音設計などの住宅でないと防音性や気密性が良くないと感じる事もあるでしょう。

マンションと戸建ての税金を比較

マンションにしようか戸建てにしようか悩んでいる方は、固定資産税がどれ位の金額になるのか?知っておいた方が良いでしょう。

一般的に、同じ地域でマンションと戸建てを購入する場合、戸建ての方が圧倒的に高く、マンションは安く購入する事ができます。

しかし、税金に関してはその逆になるのです。

固定資産税の場合、戸建てなら軽減措置がある為、土地は37%ですが建物は25%になります。

マンションだと土地は同じですが、建物が30%で固定資産税が高くなってしまうのです。

同じ金額の戸建てとマンションの場合、マンションの税金が高くなるでしょう。

また、減価償却費も戸建てが22年に対し、マンションは47年です。

これも固定資産税が高くなる要因になっています。

マンションと戸建ての自由度を比較

マンションも戸建ても借りるのではなく買うのは同じですが、自由度がかなり違います。

マンションの場合、ほとんどマンション組合があって、所有者が組合員になり活動することがあるでしょう。

マンション組合などでは、マンション内のルールを決めたり、イベントを行ったりします。

例えば、マンションでペットを飼ってはいけない事になっていれば、いくら自分の家でも近隣に迷惑をかける犬や猫は飼えない事もあるでしょう。

戸建ての場合はルール自体が無いので誰かに聞いてから何か家の中でするようなことは無いのです。

戸建は、地域の自治会に入ることがありますが、マンションに比べれば自由度が高いです。

地域の基本的なルールさえ守れば、苦情を言われる事も少ないでしょう。

マンションと戸建てを比べれば、圧倒的に戸建ての自由度が高いようです。

マンションと戸建ての維持費を比較

マンションと戸建てを比較した時、大きく差が出るのが維持費です。

マンションには、管理費と修繕積立金がありますが、戸建てにはありません。

もちろん、経年の使用で戸建ての家も修繕が必要になりますが、マンション程高くはないのです。

また、マンションによっては、駐車場代や駐輪場代が別途かかる場合も多いでしょう。

戸建ての場合、このような費用は無いのです。

マンションや戸建ての種類にもよりますが、戸建てよりマンションの管理費、修理費が倍位になることも多いでしょう。

購入時はマンションの方が安いですが、維持費はマンションの方が高いと考えて良いです。

例えば、マンション管理費が2万円、駐車場代が1万円、駐輪場が5千円(すべて月額)とします。

20年経つとこの費用だけで840万円になるのです。

マンション管理費と自治会費

マンションでは、多くの場合管理費などを支払うことがあります。

マンションの清掃などを行う管理会社がある場合、その費用を個数で割って管理費として徴収するのです。

マンションによって様々な契約やサービスが違う為、管理費もかなり違います。

清掃のみ行ってくれる場合、マンション管理費が数千円の場合もあるでしょう。

しかし、マンション内にジムがあったり、コンシェルジュや管理人がいたりすると、当然管理費は高くなります。

高級マンションでは、毎月の管理費だけで数万円から10万円以上かかることもあるのです。

戸建ての場合は、このような管理費はありませんが、自治会などの会費が必要になることも多いです。

こちらも地域によってかなり格差があり、数千円単位になるでしょう。

戸建ては、自己責任の部分が多いので、何か行うなら自分で全て支払う事になります。

マンション修繕費と家の修繕費

マンションでも戸建てでも、築年数が経過すれば修繕が必要になることがあります。

特にマンションは、何年かに一度は点検をして、築10年とか15年とかで大規模修繕を行うことがあるでしょう。

このような修繕のスケジュールなどはマンション組合などで決められ、毎月、その時の修繕費を入居者が積み立てておくのが一般的です。

戸建ての場合も同じく、築10年とか15年で修繕を行う事が多いでしょう。

マンションとは違い、戸建ての修繕費は全額用意しなければなりません。

ある程度毎年積み立てておいた方がいざという時に役立つのはマンションと同じです。

マンションに比べれば戸建ての修繕費は1人で払う為高くなります。

災害時のマンションと戸建ての費用を比較

地震が頻発している日本では、災害時のマンションと戸建ての費用が心配になります。

マンションの場合、マンション組合によっては地震保険などに加入していることもありますが、保険で故障した場所全部を修理できるわけではないのです。

修繕費を毎月積み立ててはいるものの、こちらは、10年とか20年とかの定期修繕の為の物です。

災害になるとこれ以外にかなりの金額がマンションでは必要になる場合もあるでしょう。

戸建ての場合も、自分で地震保険などに入っていれば、ある程度の保険金が出ますが、全額家主が修理費を出さなければなりません。

マンションと比べると戸建ては外壁を塗り替えたりリフォームを行ったりすると高くなりがちです。

集合住宅ではない為、個別の工事となるので単価自体が高くなります。

マンションと戸建ての割引の違い

生活していくうえでは、マンションでも戸建てでも電気・ガス・水道などのライフラインが必要です。

また、近年はインターネット回線などを契約している家庭も多いですが、マンションと戸建てでは違いがあるのでしょうか?

まず、ライフラインである電気・ガス・水道は、マンションでも戸建てでもそれぞれの契約になる為、さほど差はありません。

しかし、インターネットや有料放送などは、マンションだと戸建てより割安になる場合も多いでしょう。

なぜなら、家が1つのマンションに集中している為、契約数もまとまっていて、点検などの手間も戸建てに比べると少ないからです。

この為、戸建てよりマンションの方が割引されているケースがたくさんあるでしょう。

割引に関してはマンションの方がお得な事が多いようです。

まとめ

マンションと戸建て住宅で迷っている方は、30代から40代の子育て世代が多いです。

今まで、狭い賃貸住宅で我慢していた分、マイホームやマンションを欲しいと思う人が増えます。

特に子供が大きくなり賃貸住宅では手狭になった時、マンションか戸建てで迷ってしまうでしょう。

マンションか戸建てか購入する場合、将来的な事をよく考えて購入する事が重要です。

マンションを何年後かに売るかもしれないと思っているようならば、立地条件が良く、値下がりしない物件を買うと良いのです。

戸建てを買う場合は、簡単に売れない事もあるので、その場所に何十年も住むことを想定した方が良いでしょう。

まずは、欲しい物件や予算を絞るこむことも大事ですが、メリットとデメリットをよく比較して、自分や家族にとってどれが一番無駄なく損もしないのか?考えて契約する事が重要です。

-不動産購入

Copyright© 不動産売るコム , 2017 All Rights Reserved.