土地・空き家・農地・山林などの不動産活用情報サイト

不動産売るコム

土地活用

不動産売却にはどのような必要書類があるの?【わかりやすく解説します】

投稿日:

不動産売却における必要書類の種類とは?手続きをスムーズに行うコツ!

不動産売却でかなり手続きに戸惑った経験がある人は多いでしょう。

どうしてかというと、いざ、不動産を売ろうと思った時に、名義が異なっていたり、ローンが残っていたりすることがあるからです。

このような事態にならない為にも、不動産売却を考えているなら、どのような必要書類があるのか調べておきましょう。

市役所などに行けば簡単に手に入る書類もありますし、名義変更など複雑な手続きが必要な書類もあります。

どうして必要書類が重要なのか?トラブルにならない為にも確認しておきましょう。

今回は、不動産売却に欠かせない必要書類についてご紹介します。

不動産売却の必要書類について

不動産を所有している人の中には、不動産売却を検討している方もいらっしゃいます。

でも、人の話を聞くと、書類が多くて準備するのが大変という事を言われることがあるでしょう。

不動産売却をするときには、どのような必要書類がいるのでしょうか?

また、必要書類はどうやって準備した方が良いのかご紹介します。

不動産売却で必要書類はどこに聞く?

今まで、不動産売却などを行ったことが無く、必要書類はどれを準備すればよいのか判らないようなら、まずは、法務局に行ってみましょう。

法務局は、探せば結構たくさんあって、電話などでも説明してくれますが、一度、行かれた方が説明も聞けるので判りやすいです。

不動産売却の必要書類一覧などをくれますので、そちらを参考に準備してください。

不動産売却の際は、法務局と覚えておきましょう。

なぜ?たくさんの必要書類がいるのか?

不動産売却に限らず、家やマンション、土地を買う時も必要書類がたくさんいる事をご存知でしょうか?

なぜ、そんなに書類がいるのかというと、土地や家、マンションなどは、高額な資産だからです。

最近では、千円しか入っていない通帳を作るのにも本人確認が必要ですが、土地やマンションを買う場合は尚更です。

所有者をハッキリさせるための証明書、不動産の内容などを記した登記簿謄本など、必要書類が揃っていなければ売却できません。

適当に土地や家を売ると高額なだけにトラブルになることも多いので、トラブル回避の為、用心して書類が必要だと思ってください。

登記関係書類と本人確認関係書類

不動産売却の際に必要な書類には、大きく分けると次の2つの種類があります。

登記関係書類と本人確認関係書類です。

登記関係書類は、不動産の所有者など不動産に関する書類で、不動産の広さや家の場合築年数などが記載されています。

本人確認関係書類は、不動産売却をしようとしている人が、本当に本人かどうか確認するための書類です。

不動産売却では、詐欺関係の被害に合う人も多く、きちんと本人確認を行っていない時に発生しやすいトラブルです。

このような被害に合わない為に、不動産売却の際には本人確認書類が必須になっています。

印鑑証明や住民票もですが、年の為、免許証なども確認した方が良いでしょう。

銀行とのトラブル回避に必要な書類

不動産売却に必要な書類には、銀行とのトラブル回避に必要な書類もあります。

不動産売却では、銀行にローンを借りている場合、通常は売却することができません。

しかし、銀行ローン関係の書類が必要だと言う事を知らない人が購入する場合、後でローンが残っていたという事もあるのです。

このようなトラブルを防ぐために、ローン残高証明書やローン完済書類が必要になります。

不動産売却の際は、このような銀行関係の書類も準備するようにしましょう。

戸建て住宅と土地売却時の必要書類

不動産売却取引では、戸建て住宅と土地をセットにした売却も多いですが、次のような書類が必要です。

  • 登記簿謄本(登記事項証明書)
  • 登記済権利証・登記識別情報
  • 建築確認済証・検査済証
  • 固定資産税納税通知書・課税明細書
  • 本人確認書類(免許証等)
  • 実印・印鑑登録証明書

登記簿謄本や登記済権利証などは、不動産売却をされる方の名前と登記簿謄本などの名前が一致していなければなりません。

例えば、遺産相続などが済んでいなくて、不動産の名義が両親になっているという事もあるでしょう。

このような場合は、更に相続手続きが必要になりますので、準備しなくてはならない書類が増えます。

書類に不備があれば、変更や書き換えなどをしなければならないので、人によっては何度も法務局や市役所に出向かなければならないのです。

相続などで名義変更をする場合の必要書類も法務局に聞くと判りますので確認してみましょう。

マンション売却時の必要書類

マンションを売却する時には、次のような書類が必要になります。

  • 登記簿謄本(登記事項証明書)
  • 登記済権利証・登記識別情報
  • 管理規約・使用細則
  • マンションの維持費に関する書類
  • 固定資産税納税通知書・課税明細書
  • 本人確認書類
  • 実印・印鑑登録証明書
  • 付帯設備および物件状況確認書

戸建て住宅と同じく登記簿謄本や登記済権利証なども必要ですが、マンションの管理規約や維持費に関する書類等も必要です。

他にもマンションの管理組合などで提示されている書類があれば、用意しておいてください。

仲介業者がマンション専門の不動産業者なら、どんな書類が必要なのか教えてくれますので頼りになります。

仲介を頼むならそんな業者を選んで必要書類などの準備もサポートしてもらいましょう。

土地の売却で必要な書類

不動産売却では、土地のみの売却というのもあります。

土地だけ売る場合、次のような書類が必要です。

  • 登記簿謄本(登記事項証明書)
  • 登記済権利証・登記識別情報
  • 固定資産税納税通知書・課税明細書
  • 本人確認書類
  • 実印・印鑑登録証明書

土地のみの不動産売却なら、建物が無い分必要書類も少なくなります。

土地の代金を完済している場合も多いので、ローン関係の書類もいりません。

土地は自分の物で、建物は他の人の名義という事も不動産売却ではありますが、土地だけならそういう状況も無いので、手続き自体土地の名義変更のみとなります。

その他の売却に必要な書類

不動産売却によっては、上記以外に次のような書類が必要になることがあります。

  • 地図(公図)
  • 設計図書・工事記録書
  • 間取り図・パンフレット
  • 不動産取得時の契約書・重要事項説明書
  • 預貯金口座情報
  • ローン残高証明書
  • 住民票・戸籍の附票
  • 土地測量図・境界確認書
  • 耐震診断報告書
  • アスベスト使用調査報告書
  • 住宅性能評価書

これらの必要書類は、不動産売却の種類などによって、必要だったり、必要で無かったりします。

不動産業者によって、必要だと言う書類もあればそうでない場合もありますので、確認しておきましょう。

特に土地取引だけの場合、建物が無いので要らない書類も多いです。

必要書類が揃わないと不動産売却はできない

不動産売却では、必要書類がきちんと揃っていないと契約も売却もできません。

なぜなら、売る方も買う方も、この取引でトラブルになることを避けるためです。

売却される不動産が本当に本人所有なのか?土地の広さや建物の大きさにウソが無いか?大金を払うわけですから、ちゃんとした確証が無いと心配になるでしょう。

その各省の代わりになるのが必要書類なので、無い場合は前に進めなくなります。

必要書類を揃えるのにかなりの時間がかかることもありますが、ルーズにしていると購入する方も待ちきれないことがあるので注意しなければなりません。

できれば、必要書類を揃えてから不動産売却をした方が良いです。

自分の資産を証明する為

口でいくら不動産を持っていると言っても、きちんとした証拠が無いと取引しない人がほとんどです。

証拠になるのが必要書類である登記簿謄本や登記済権利証になります。

中には、不動産売却の時になって登記簿謄本を見つけられない人もいるでしょう。

金庫に保管してあったのに無いという事もあるので、まずは、法務局に行って書類の再発行等をしなければなりません。

自分が不動産を持っている証明書だと思ってきちんと保管しておくことが重要です。

時間が無い人は司法書士に依頼

不動産売却を考えている方の中には、仕事が忙しく、土日しか休みが無いという人も多いです。

法務局や市役所などの関係各所は、平日だけしか開いていませんので、忙しい人は司法書士にお願いする事も考えましょう。

司法書士のサイトなどを見ると、それぞれ不動産売却手数料は異なりますが、A司法書士事務所では、売却代金の0.8%という掲載がありました。

つまり、1千万円の不動産売却を行った場合、8万円ですし、2千万円だと16万円という事になります。

通常で10万円程の事が多いようですが、相続手続きがまだ行われていなかったり、土地の権利者が何人もいたりするような複雑な手続きの場合、プラスで料金がかかるのです。

時間が無い人は、司法書士にお願いする事で不動産売却をスムーズに行えます。

まとめ

不動産売却を行うには、思ってもいなかった手間がかかります。

多くの場合、不動産業者が手続きのやり方を教えてくれますが、市役所と法務局を何度も往復しなければならない事も多いのです。

また、ローンが残っているとか名義が違う人の場合、そちらを先に片付けないと不動産売却までたどり着けないことがあるでしょう。

働きながらこのような書類を準備する場合、数ヶ月または半年近くかかることもありますので、必要に応じて司法書士にお願いしたほうが良いのです。

焦る必要はありませんが、必要書類は早めに準備したほうが購入者との信頼関係にもつながります。

-土地活用

Copyright© 不動産売るコム , 2017 AllRights Reserved.