土地活用

田舎の土地活用は何がおすすめ?<11の具体例付きで解説します>

投稿日:

田舎でもっとも有効な土地活用方法って何?※具体例付き※

田舎の土地を相続したり、田舎の土地をもらったりして田舎の土地を手に入れた方がいます。

そのままにしておくのはもったいないです。

そのままにしておくと毎年税金がかかり、お金だけかかるという状態に陥ります。活用しない手はありません。

しかし、色々な活用方法があります。今回は田舎でもっとも有効な土地活用法を調べてみました。

土地活用の方法

土地活用の方法を一つ一つ見ていきましょう。

建物をリフォームして貸す

建物を1戸立てとして貸す方法です。

メリットは投資金額が少なくて済むということです。

投資金額を短期で返そうしている人にオススメです。

賃貸住宅、賃貸アパートにする

建物をマンションやアパートにして貸す方法です。土地が広ければ2棟にして貸してもいいでしょう。

しかし、綿密な計画が必要です。家賃収入が、投資した金額を下回りますと回収できなくなります。

賃貸し始めても問題があります。建物のメンテナンス、設備の修繕、家賃収入、入居者のトラブル対応、空き室リスク、入居者募集とやることがたくさんあります。

メリットは、オーナーの年齢や希望にあわせた経営計画が立てることが出来ます。

高齢者向け住宅を建てて貸す

デイサービスや訪問介護事業所などを併設している高齢者向け住宅を建てて貸す方法です。

メリットは運営する事業者が、全ての部屋を借りてくれるので空き部屋が発生することがありません。

駐車場経営

空き地にして駐車場にする活用法です。月極駐車場とコインパーキングの2つの活用法があります。

月極駐車場には2つの方式があります。

管理委託方式

業者に募集・管理を委託する方法です。

業者に任せていれば、募集、管理までやってくれます。

一括借上方式

業者に駐車場を全て一括で貸して業者がお客様をとってきてくれる方法です。

コインパーキングにも2つの方式があります。

土地賃貸方式

業者に土地だけを貸す形

自己経営方式

自分で駐車場を整備して管理・運営を業者に任せるかたちです。

大きな場所があれば、青空駐車場だけでなく立体駐車場が作れます。

立体駐車場を作るとかなりの台数が止められることになりますのである程度は儲かります。

しかし田舎の土地での駐車場経営は、儲けが少なく一台数千円から数万円しか儲からず固定資産税などの税金を払うと残らない可能性があります。

儲けようと思っている方にはあまりオススメできません。

ただ将来売却するので短期間だけ、という短期間の方にはオススメです。

ソーラー経営(太陽光発電)

土地や建物の屋根などに設置したソーラーパネルで、太陽の光を電力に変えて電力会社に売る方法です。

ソーラーパネルの発電量によって料金が決まります。10年間あるいは20年間一定の料金で売ることができます。

だから、アパート経営と比べて空き室を考えることなく、収入を考えられます。

ソーラーパネルの設置の料金は1kWあたり40万円から50万円程度かかります。

大きな30kWであれば、1500万円ほどの投資で始めることができます。

トランクルーム経営

トランクルーム経営とはトランクルーム業者と一緒に施設を建設したり、建物の1部を収納スペースとして貸し出す形です。形式が2つあります。

コンテナ型

コンテナを並べただけのものです。廊下や階段を設置してつなぐかたちです。

ルーム型

部屋で日当たりの悪い場所をトランクルームとして貸す形になります。

一部屋をロッカーやパーテーションで分けて貸す方法です。

定期借地権をつけて貸す

定期借地とは所有地を10年から30年、最長50年の期間を設けて貸す方法です。

運営会社が土地を違うものに変えてくれるので所有者は何もしなくていいのが特徴です。さらに定期借地分譲ができます。

将来自分で使わない場合にオススメの方法です。

さらに地代は先に入りますのでまとまった資金が手に入ります。

長期間貸す必要があるので違うものに使おうと思ったときに使えないのがデメリットです。

オフィスビル・商業ビル

アパート・マンション経営と同じく土地の上に建物を建てて貸す形になります。

貸す相手が個人でなく、企業や店舗です。賃料は高くなりますし、建築コストと経営リスクは高くなります。

オフィスビルは、居住用物件と違い設備や仕様に違いがあり、建築コストや賃料収入、管理費などランニングコストが違います。

電気の使用量が多いので、特別な電気容量が必要、重要性の高い情報が扱われるので防犯・セキュリティが必要などがあります。

田舎の土地なので、周りが何もない所などでは借り手がつかないこともあります。

ローサイド店舗経営

テナントを誘致して大きな店舗やショッピングモールとして使う方法です。

土地を貸して地代をもらう方法と建物を建てて賃貸して賃料を得る方法があります。

しかし、田舎なので必要かどうかを判断しないといけません。

等価交換

土地の上に建物を建てた状態で売ることです。

土地は売られてしまいますが、建物は自分所有になる方法です。

具体的には、

  1. 土地を不動産会社にうる
  2. 不動産会社が建物を建てる
  3. 土地の金額に合った建物の一部をもらう

という形になります。

土地売却

1番早い方法です。

土地そのものを売ってしまいます。

そのまま不動産を所有していても固定資産税や都市計画税がかかってしまい、さらに相続税もかかってきます。

そのような場合に売却してしまうほうがお金がかからずに済む場合があります。

ただ、売るには不動産会社を通して買い手を探す必要があります。土地の規模が大きければ入札も行われます。

結局どれがいいの?

色々と活用方法を述べてきましたが、結局どれがいいのでしょうか。

その扱う土地の場所によって違います。メリットとデメリットを比べてみましょう。

メリットがデメリットよりも大きいと感じた場合は、その方法で行くべきです。

メリットがデメリットより小さければ、その方法はとらないほうがいいということです。

しかし、どの基準で選ぶかで結果は変わってきます。売却した後にその土地の値段が上がって損をしたなどはその典型例です。

まとめ

田舎の土地の活用法について、いかがでしょうか。

色々な方法がありますがオススメは、土地の売却です。

もっていると固定資産税と都市計画税がかかってしまいますので、それも毎年毎年かかります。今年々土地の代金は上がっています。

いつも払っている金額が毎年増えているはずです。

さらに土地の所有者がなくなると子供が相続します。

もちろん税金がかかります。相続税です。

かなりの額がくると思うのでいち早く売却をしましょう。

どうしても手放したくないというのであれば、違う方法を選びます。

金になる土地であれば、マンション・アパート経営になります。

その代わり空き室が出ないように管理してくれる不動産会社を選択しなければなりません。

いつでも相談に乗ってくれて、さらにアドバイスもしてくれれば言うことなしです。

不動産会社の前に建物を建てるお金が必要です。

これは、銀行からローンを組んでもらいましょう。

家賃でローンを支払えるようになれば、後は家賃収入だけで食べていくことができます。

ただし色々なリスクはあります。

空き室対策や定期的なメンテナンスも必要です。さらに家賃滞納もあります。

それらを理解したうえで行うことが大事になります。メリットが多いと思ったならやるべきです。

1番のオススメは土地売却です。

しかし土地を守ろうと思う人はマンション・アパート経営がオススメです。

-土地活用

Copyright© 不動産売るコム , 2017 All Rights Reserved.